鷹狩り道具の製作やハヤブサのトレーニングなどをしている『ストゥーパー』の石川のブログ。ハヤブサのトレーニングの様子や作った鷹狩り道具、フライフィッシングのレポートなどを紹介。


by stooper

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめリンク集

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

カテゴリ

全体
トレーニング
ハヤブサについて
鷹狩り
in the field
鷹狩り道具
スカイトライアル
野生猛禽保護・リハビリ
フライフィッシング
レザークラフト
イベント
patagonia
新婚旅行記
キックボクシング
入荷情報
未分類

フォロー中のブログ

M GALLERY
岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
Pell's Mews
猛禽初心者のひとりごと
slow fishing
遊牧民的人生 (アラビア...
terry's Rive...
鮎、山女魚、キジさんに会...
JHS Diary
shakerの軽井沢 F...
MAVERICK Blog
THOMAS&THOMA...
Matt Suzukiの独り言
Drag-Free Dr...
STREAMSIDE
Magnum Yoda ...
中村佑介の黄色い日記
無言歌      ...
蒼い海 蒼い空 そして月夜に
yoshie,8min....
Mahout の見習い  
AMBITIOUS
Down & Across
高太郎の箸休め
TAKA-Qizm
『横浜ベイ・フライフィッ...
E and E Outd...
新米ファルコナー(鷹匠)...
Spey Bum
釣りたいクン日記
GRAYGHOST釣行記
Camel Blog
鈴木寿のブログ フライ...
JRF(Japan RA...
みなと店発!ペポニまねー...
From Riverside
~BQイッチー フィール...
gooseな日々

最新のトラックバック

流行は巡る
from Magnum Yoda Ph..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
釣り

画像一覧

悩んで学んで

d0083692_15463125.jpg

先日開催される予定だったアトリエ・ファルコノイド主催の「スカイトライアルズ」は、
残念ながら悪天候のため中止。

一応、僕も参加するつもりでブラック・ジアセイカーの調整をしていましたが、
ルアーに対してアタックしてくる本気度というか、
回数にムラがあるのです。
旋回しながらこちらに向かっては来るものの、
どうせパスされるのを予測してか、
ルアーに突っ込んでくるのは2回に1回くらいの割合。

また、先日ロストした時はかなり高度が上がってしまったのですが、
その時に何かきっかけをつかんだのか、
最近は旋回する高度が高くなってきたのです。

これまでは、ルアーリングのみ教えて販売するつもりだったので、
生き餌を教えたことはありませんでした。
しかし、このままの状態では、
コントロール不能でロストする可能性もひじょうに高いのです。

そんなことを猛禽屋の藤田さんに相談すると、
「それ、もうハンティング仕様じゃない?」との返事。
やっぱり、そうですよね。
このままズルズルとルアーリングだけをしていてもこのハヤブサのために良くないので、
ハトを入手して、
ハンティングを教えることにしました。


早速フィールドでペグにハトを結び、
ハヤブサのフードを外してからゆっくりとそれに近付いていきました。
念のため、ハヤブサの足にはクリアンスを結んでおきます。

人の接近に気付いてハトが暴れた瞬間、
それにビックリしてベイトするジア・セイカー。
「やっぱり、いきなりは無理だったか……」

ここで躊躇なく襲いかかる鳥もいれば、
この子のように驚いてしまう鳥もいます、猛禽類なのに。

そこで今度はハトが羽ばたけないように手で固定し、
それにハヤブサを近付けていきます。
しかし、それでもダメ……。

次はハトの首の辺りに傷をつけ、
血や肉を見せてあげると、
ようやく飛びかかりました。
初めての生きた獲物に興奮して、
どうしていいのか分からずにとにかくハトを握り続けるジア・セイカー。

肉の見えているところを教えてあげると、
ようやくそこから食べ始めたのでした。


生まれ持った本能だけでなく、
学習するということがいかに大切か、
このような場面でいつも思い知ります。
空を飛ぶということも、これまたしかり。
鳥だから上手に飛べるんじゃなくて、
やはりそこには学習が必要なのです。


さて、こういった新しいことを経験し、
それが成功した時にはたくさんご褒美を与えなくてはなりません。
そこで、ほしのあき嬢のようになるまで、
肉をいっぱい食べてもらいました。

d0083692_16155718.jpg

今度はジア・セイカーをフライトさせておいて、
そこからハトを掴ませる予定。
それを数回おこない、
いいイメージのまま、今シーズンのトレーニングは終了するつもりです。

d0083692_16161811.jpg

[PR]
by stooper | 2007-03-26 16:19 | トレーニング