鷹狩り道具の製作やハヤブサのトレーニングなどをしている『ストゥーパー』の石川のブログ。ハヤブサのトレーニングの様子や作った鷹狩り道具、フライフィッシングのレポートなどを紹介。


by stooper

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おすすめリンク集

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

カテゴリ

全体
トレーニング
ハヤブサについて
鷹狩り
in the field
鷹狩り道具
スカイトライアル
野生猛禽保護・リハビリ
フライフィッシング
レザークラフト
イベント
patagonia
新婚旅行記
キックボクシング
入荷情報
未分類

フォロー中のブログ

M GALLERY
岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
Pell's Mews
猛禽初心者のひとりごと
slow fishing
遊牧民的人生 (アラビア...
terry's Rive...
鮎、山女魚、キジさんに会...
JHS Diary
shakerの軽井沢 F...
MAVERICK Blog
THOMAS&THOMA...
Matt Suzukiの独り言
Drag-Free Dr...
STREAMSIDE
Magnum Yoda ...
中村佑介の黄色い日記
無言歌      ...
蒼い海 蒼い空 そして月夜に
yoshie,8min....
Mahout の見習い  
AMBITIOUS
Down & Across
高太郎の箸休め
TAKA-Qizm
『横浜ベイ・フライフィッ...
E and E Outd...
新米ファルコナー(鷹匠)...
Spey Bum
釣りたいクン日記
GRAYGHOST釣行記
Camel Blog
鈴木寿のブログ フライ...
JRF(Japan RA...
みなと店発!ペポニまねー...
From Riverside
~BQイッチー フィール...
gooseな日々

最新のトラックバック

流行は巡る
from Magnum Yoda Ph..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
釣り

画像一覧

メモリアル・ヤマメ

d0083692_19575232.jpg

名栗川で釣ったこのヤマメは、
そんなに大きくはないけれど、
僕にとって特別な、記念すべきヤマメとなりました。

今からもう、12~13年前になるでしょうか、
当時千葉県に住んでいた僕は、
下道をテクテク走りながら、
何回かこの名栗川に釣りに来ていました。

まだまだ僕自身、
フライフィッシングを始めて間もないこともあり、
とにかく魚が釣れませんでした。
ヤマメが釣りたくって通ったものの、
たまに釣れるのはウグイのみ。
意気消沈しながらの帰り道は、
長くつら~いものだったことを思い出します。

車中泊を繰り返しながら、
トータルで10日くらいはこの川に通ったと思いますが、
結局その間、ヤマメを釣ることはできませんでした。
個人的な収穫といえば、
はじめてヤマセミの姿を見たことくらいでしょうかねぇ。

自分の腕前は棚に上げて、
「もしかしたら、ここにヤマメはいないんじゃないのかな?」
と思い始め、
やがて他の川へと通うようになりました。

d0083692_19581457.jpg

自分なりに色々と川に出かけては経験を積み、
まあそこそこ魚は釣れるようになった頃、
ふと名栗川のことを思い出しました。

「今なら釣れるんじゃないだろうか。」

ただ、その頃はマッチ·ザ·ハッチの釣りに夢中で、
山梨県の忍野のほとりに住んでいたこともあり、
結局、名栗川まで足を運ぶことはありませんでした。

d0083692_195828100.jpg


時は流れ、
僕自身も山梨県、神奈川県、埼玉県と流されて……、

ファルコンリーに熱中して、
しばらくフライフィッシングを中断していましたが、
フライ熱が急に再燃して、
今シーズンから再開することになりました。

現在住んでいるところから名栗川まではそう遠くないことが判明。
「自分はどのくらい上達したんだろう?」
色んな思いをかかえながら川へと向かいました。
d0083692_19584085.jpg

名栗川は今シーズンから『ルアー、フライ専用区間』が設置されたのこと。
湯の田ドライブインに駐車して、一緒に日釣り券も購入。
そのまま区間最下流から入渓しました。

今日は土曜日で天気も良く、
またすでに9時を回っていることもあって、
上流には何人もの釣り人の姿を確認することができました。


「解禁から時間が経って魚たちはスレているだろうし、
こういうフィールドは先行者の竿抜けポイントか、渋くて見切りをつけた魚を探していこう」

……そう思い、
7Xのティペットの先に18番のCDCバイオットダンを結びました。
僕の個人的儀式、ロッドのグリップを川に浸けて湿らせ、いざ上流へ!

d0083692_2004561.jpg


とりあえず瀬は無視して、
それらしいプールでライズを探しながら川を歩くものの、
全然見つけることができません。

それどころか、
水生昆虫のハッチらしいハッチも目にしません。
しばらく河原の大きな石の上に座って水面を見つめるも、
期待できるような変化は起こらず……。
「もしかしてヤバいかも……」
釣れなかったあの頃の思い出がフラッシュバックし、
ネガティブな考えが僕を支配し始めた頃、
ふと上流のフライマンの姿が目に入りました。


なんと、ロッドが曲がっています。
それも、僕がこれまでスルーしてきたポイントである瀬でヒットしています。


そこで、僕がライズ待ちしていたプールの上流の瀬を攻めてみることにしました。


d0083692_2005689.jpg


フライはさっきまでのCDCバイオットダン、そのまんま。
とにかくドラッグフリーを心がけて、
フライを丁寧に流していきます。
すると、答えはすぐに出ました。
ホント、あっけないくらいに。


きれいに流れるフライに、
まさにライズするかのごとく、
ゆっくりとフライをくわえました。

管理釣り場での予行練習の甲斐もあり、
アワセはばっちり。
あれだけ練習ではまごつき失態を繰り返したのに、
いざフィールドでは自分の思うように体が動いたのが不思議です。


慎重にやり取りし、無事にランディング成功。
そんなに大きくないけれど、
きれいなヤマメをキャッチすることができました。


およそ2年振りのヤマメ。
この姿、色、艶……僕はヤマメが大好きです。

名栗川のヤマメを釣る……
というささやかな10数年がかりの目標も達成することができ、
喜びもひとしおです。


気分的には十分満足したので、もう終了しても良かったのですが、
せっかく来たのでもう少し楽しむことに。

その後はクリップルダンとCDCフローティングニンフで、
同様に瀬を流してヤマメをキャッチ。
時計はまだ12時を指しています。
まだまだ早いけれど、
気分のいいうちに今日は終了。


あの頃と違い、
今日は家路につく車の運転も気分が晴れているので爽快です。
実をいうと、
しばらく粘って釣れなかった魚、
簡単にフライを見切られてしまった魚がいます。
新たに目標ができたので、
近いうちにまた名栗川に行こうと思っています。
[PR]
by stooper | 2007-04-14 19:59 | フライフィッシング