鷹狩り道具の製作やハヤブサのトレーニングなどをしている『ストゥーパー』の石川のブログ。ハヤブサのトレーニングの様子や作った鷹狩り道具、フライフィッシングのレポートなどを紹介。


by stooper

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おすすめリンク集

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

カテゴリ

全体
トレーニング
ハヤブサについて
鷹狩り
in the field
鷹狩り道具
スカイトライアル
野生猛禽保護・リハビリ
フライフィッシング
レザークラフト
イベント
patagonia
新婚旅行記
キックボクシング
入荷情報
未分類

フォロー中のブログ

M GALLERY
岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
Pell's Mews
猛禽初心者のひとりごと
slow fishing
遊牧民的人生 (アラビア...
terry's Rive...
鮎、山女魚、キジさんに会...
JHS Diary
shakerの軽井沢 F...
MAVERICK Blog
THOMAS&THOMA...
Matt Suzukiの独り言
Drag-Free Dr...
STREAMSIDE
Magnum Yoda ...
中村佑介の黄色い日記
無言歌      ...
蒼い海 蒼い空 そして月夜に
yoshie,8min....
Mahout の見習い  
AMBITIOUS
Down & Across
高太郎の箸休め
TAKA-Qizm
『横浜ベイ・フライフィッ...
E and E Outd...
新米ファルコナー(鷹匠)...
Spey Bum
釣りたいクン日記
GRAYGHOST釣行記
Camel Blog
鈴木寿のブログ フライ...
JRF(Japan RA...
みなと店発!ペポニまねー...
From Riverside
~BQイッチー フィール...
gooseな日々

最新のトラックバック

流行は巡る
from Magnum Yoda Ph..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
釣り

画像一覧

カテゴリ:入荷情報( 3 )

閑話休題『Falcons from UK』

d0083692_22572379.jpg

自分でも予想外に長くなってしまい、
ちょっと収集がつかなくなりつつある
アメリカのスカイトライアル話はちょっと置いといて……


猛禽屋さんにたくさんのハヤブサが入荷したので、
と一緒におじゃましてきました。

d0083692_23114771.jpg

現在、妻はちょっとした病気を患っており、
手術に向けていつもエネルギッシュな藤田さんにエネルギーをもらってきました。

半年振りくらいに猛禽屋に来ましたが、
相変わらずすごい!
猛禽類の種類、数はもちろんのこと、
藤田さんをはじめWFCのメンバーのみんなはとても熱心なので、
いつも良いモチベーションとなってます。
d0083692_23121072.jpg

今回はペレグリンのほかに、
アプロマドのハイブリッドである
『ペレ・アプロマド』と『ジア・アプロマド』などが入荷されました。
どちらもまだまだ多く出回っていないハイブリッドなので、
見た目だけでなく、性能に関しても興味が尽きません。

d0083692_23122248.jpg
d0083692_23124652.jpg

真黒なタイプの『ジア・アプロマド』は、
とてもレアで「黒いハヤブサ好き」の妻は気に入っていました。
d0083692_23134398.jpg

僕は『ペレ・アプロマド』にクギ付け。
ペレもアプロマドも大好きな猛禽だし、
その性能は昨シーズン飛ばしていた
NFCの金子さんからは聞いて興味はありました。

何より、その羽根のカラーリングが
僕の憧れである『オレンジブレステッドファルコン』を彷彿させ、
(ハイブリッドだから、換羽したらどうなっちゃうか分からないけど……)
いつか手に入れてトレーニングしてみたいと思っていました。
d0083692_2314320.jpg
d0083692_23141674.jpg

d0083692_9262395.jpg

途中、熱心にハヤブサのトレーニングをしているエビさんが、
『ジア・レッドネイプドシャヒーン』のフライトを見せてくれるという。

何がすごいって、
藤田さんのアドバイスの元、
実験的に「換羽をさせながら」フライトを続けているのだ。
フライトっていっても「実戦的」なもので、
どのようなウエイトコントロールをしながらトレーニングと
換羽を並行させているのか、
ひじょうに興味深いフライトでした。
[PR]
by stooper | 2011-09-18 23:15 | 入荷情報

『ニック・フォックス・ブランド』ハイブリッド・ファルコン、入荷しました!

d0083692_9434773.jpg


昨日、猛禽屋さんによって『ニック・フォックス・ブランド』のハイブリッド・ファルコンが輸入されました。
僕はそれほど多くのハヤブサを扱ってきたわけではありませんが、
少ない経験からいっても、どれも素晴らしいハヤブサばかりです。

わがまま……かどうかは分かりませんが、
アラブのお金持ちたちの御用達ですから、
やはりそれなりのクオリティが求められるのだと思います。
それに応えているのがこのブランドの自信であり、
誇りではないでしょうか。

本来ならなかなか日本にまでは回ってこないようなハイクオリティなハヤブサたちですが、
何度も現地を訪れたり、電話やメールでやり取りをしたビッグ藤田さんの尽力により、
富豪でもなんでもない僕のようなファルコナーが手にすることができます。
そんなビッグ藤田さんに感謝っ!

d0083692_9445855.jpg


さてさて、今回入荷されたのは、
ペレグリン、ジア・ペレ、ジア・セイカー、ペレ・セイカー……です。
体型ががっしりしていて素晴らしいのはもちろんのこと、
みんな性格も良いのでトレーニングはしやすいのではないでしょうか。

今シーズンはレース鳩を追わせるスカイトライアルのほか、
キジを追わせるハンティング・トライアルの開催の声も上がっています。
今年はぜひ、
ハヤブサを手に入れて、
これらのトライアルに参加してみませんか?
[PR]
by stooper | 2006-09-20 09:37 | 入荷情報

ペレ・プレーリー&ジア・プレーリー、入荷しました!

d0083692_17241121.jpg


はるばるイギリスから飛行機に揺られ、
さらに自動車に揺られ、
極めつけはいきなり押さえつけられてアンクレットやジェスを付けられ……

「プハ~ッ」

っと、ようやく開放されました。
フードの寝癖はご愛嬌。

猛禽屋さん輸入によるハヤブサ第一便、
ペレ・プレーリー(メス)とジア・プレーリー(オス)、待望の入荷です!

d0083692_17242460.jpg


プレーリー・ハイブリッドはプレーリーの性格がとてもきつく、
そして神経質な為にトレーニングしづらいと言われています。
しかし、マニングがうまくいき、トレーニングも進行すると、
プレーリー元々の性格がプラスに転じ、
誰もが認める頼もしいハンティング・ファルコンとなります。

d0083692_17243238.jpg


今回のペレ・プレーリーは見た目(色合い)はペレっぽく、
換羽したらどんな色になるのか今から楽しみです。
体の大きさもペレのメスと同じくらいありますが、
お値段はそれよりもずっとお安いのでお買い得です。

『足フェチ』の僕にとって、
暴力的に大きな足も魅力的(^^

d0083692_17244232.jpg


一方、ジア・プレーリーはプレーリーっぽい淡いカラー。
だけど、オスなのにジアの血が入っているので、
大きさはペレ・プレーリーのメスとほとんど同じくらいありました。


一般的に難しいと言われているプレーリー・ハイブリッドですが、
僕自身は前からチャレンジしてみたいと思っていました。

自分の欲求を満たしたい……ってのも多少ありますが、
販売用だからといって放置して扱いづらい鳥になっても困りますので、
慎重に、そして適度にトレーニングは入れるつもりです。
[PR]
by stooper | 2006-08-25 17:50 | 入荷情報