鷹狩り道具の製作やハヤブサのトレーニングなどをしている『ストゥーパー』の石川のブログ。ハヤブサのトレーニングの様子や作った鷹狩り道具、フライフィッシングのレポートなどを紹介。


by stooper

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おすすめリンク集

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

カテゴリ

全体
トレーニング
ハヤブサについて
鷹狩り
in the field
鷹狩り道具
スカイトライアル
野生猛禽保護・リハビリ
フライフィッシング
レザークラフト
イベント
patagonia
新婚旅行記
キックボクシング
入荷情報
未分類

フォロー中のブログ

M GALLERY
岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
Pell's Mews
猛禽初心者のひとりごと
slow fishing
遊牧民的人生 (アラビア...
terry's Rive...
鮎、山女魚、キジさんに会...
JHS Diary
shakerの軽井沢 F...
MAVERICK Blog
THOMAS&THOMA...
Matt Suzukiの独り言
Drag-Free Dr...
STREAMSIDE
Magnum Yoda ...
中村佑介の黄色い日記
無言歌      ...
蒼い海 蒼い空 そして月夜に
yoshie,8min....
Mahout の見習い  
AMBITIOUS
Down & Across
高太郎の箸休め
TAKA-Qizm
『横浜ベイ・フライフィッ...
E and E Outd...
新米ファルコナー(鷹匠)...
Spey Bum
釣りたいクン日記
GRAYGHOST釣行記
Camel Blog
鈴木寿のブログ フライ...
JRF(Japan RA...
みなと店発!ペポニまねー...
From Riverside
~BQイッチー フィール...
gooseな日々

最新のトラックバック

流行は巡る
from Magnum Yoda Ph..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
釣り

画像一覧

カテゴリ:トレーニング( 91 )

上がらない……。



猟期は終わってしまいましたが、
フライトフェスタ参戦に向けてトレーニングは継続中。
今日もまた嫁と一緒に茨城の猛禽屋さんまで行って来ました。

フィールドではいい感じに風が吹いていたので、
「うまく上がってくれるかな」……と淡い期待を抱いていたのですが……。

僕が飛ばし始める頃には風が止んでしまい、
高さも出なかったので生餌を出すわけにも行かず、
結局ルアーリングのみ……となってしまいました。

フライトフェスタまで残すところ約2週間。
トレーニングの進展を見ながら、
どの競技に参加するか検討しようと思います。


それと、ストゥーパーでもブースを出しますので、
当日来られる方はぜひお立ち寄りください。

……が、展示用の商品を全然作っていないので、
いい加減焦ってきています(汗)
[PR]
by stooper | 2010-02-22 09:23 | トレーニング

鬼教官と一緒♪



今日もワールド・ファルコナーズ・クラブのみなさんにご一緒して、
ペレグリンのライカと、チョウゲンボウのシンを飛ばしてきました。
早朝と昼間のフライト2回戦を予定していましたが、
朝はひどいモヤのために断念。
ライカ、シン共に遠征先の流山のフィールドで1回だけ飛ばすことになりました。

ライカは7:00のフライトに合わせて810gの設定で猛禽屋入りしましたが、
結局朝は飛ばさずエサも与えなかったので、
フライトさせる11:00には体重が800gを少し切っていました。
さて、フライトにどんな影響が出るか……?

フライトの様子は↑の動画をご覧ください。


今回もハンティングの合間に藤田さんがライカのトレーニングに付き合ってくれました。
鬼教官(←ゴメンナサイ)の指示がビシビシと飛び、
フライト中は気を抜く間もありません。

ルアーリングで様子を見るつもりですが、
やや離れたライカが悪くはない高度で戻ってきました。
「ハトを出しちゃえば!」と教官。
急遽ルアーリングから実戦トレーニングにシフトチェンジ。

久しぶりに自分で獲物を出す……ということでやっちまいました。
天高く投げたつもりのハトは、
飛ぶことなくポテンッと地面に落ちました。

そうです、本来ならハトがバランスを崩さずに飛んで行けるように、
両手でしっかりと投げ上げなきゃならなかったのです。
地面のハトを再度投げようと慌てて回収に行くと、
そのハトを上空からライカがキック一閃。
ボフッと音を立ててハトを蹴り上げましたが、
当たりが浅かったのか、
仕留めることはできませんでした……。

鬼教官には毎回足りないところを指摘されますが、
それがファルコナー、ハヤブサ共にスキルアップするためのモチベーションとなっています。
猟期はもう終わってしまいますが、
ある程度仕上がるまではトレーニングを継続するつもりです。
[PR]
by stooper | 2010-02-14 21:03 | トレーニング

Wild Peregrine Attack



本日(2/11)は昼前から仕事につき、
猛禽屋さんにはトレーニングに行けず。
職場近くのフィールドに嫁と行ってきました。

まだまだ体力アップが必要なライカのルアーリングを開始。
いよいよエンジンがかかってきた5回目のパス後、
野生のハヤブサがライカめがけて突っ込んできました。

慌てて降ろして、
間一髪。
[PR]
by stooper | 2010-02-11 21:54 | トレーニング

スパーリング


今日も猛禽屋の藤田さんとマンツーマンのトレーニング。
ルアーの振り方、そのタイミングひとつひとつに激が飛ぶ。

先日はやや高めのウエイト設定で失敗し、
800gくらいにするつもりが下がりすぎて790g。
フィストからスリップするも低空飛行でイカツイ顔をしながら
ファルコナーの周りをオラオラと飛び回ります。

やがてファルコナーから離れてしまい、
遠くで小鳥にかかり始めて地面にランディング。
すぐにこちらに向かって飛んできたので、
いよいよルアーリングを開始しました。

何回かパスした後、少し高度が上がったので
「ボブホワイト、出してみるか?」と藤田さん。
最後の締めは急遽、実戦トレーニングにチェンジ。
残念ながら獲ることはできませんでしたが、
有意義なトレーニングができたと思います。


【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2010-02-01 01:25 | トレーニング

natural born

d0083692_22142930.jpg

本日も朝練のために朝の5:30に川崎の自宅を出発。
用賀から首都高に乗る手前で藤田さんから電話があり、
「すごい強風だから飛ばせないかもよ」とのこと。
無理をしてロストするのも怖いので、
今日のトレーニングは断念……。
ところがしばらくして再度藤田さんから電話があり、
「風がピタッと止んだよ!」
……というわけで、車を再び茨城の猛禽屋に向けて走らせました。

「今日は少し(高度が)上がったら生餌を出してみよう」と藤田さん。
ライカはまだまだ満足な高度ではないものの、
着実に進歩していい感じに飛んでくれています。
ただ、ここで僕には不安がありました。

果たして、生餌にかかってくれるのだろうか?


いくら猛禽類として生まれてきたからって、
ライカはこれまでに生餌を掴んだ経験がありません。
「学習していないけど、本能でなんとかなるのか?」
と、うちのチビたちと対面させるも羽根を割る気配はまるでナシ。
さてさて、結果はいかに?


タイミングを見計らって生餌を放つ藤田さん。
そしてそれに反応して襲い掛かるライカ。
残念ながらその生餌はうまく飛ばずにボテンッと地面に落ちてしまいましたが、
すぐさまライカはそれを上から押さえつけました。
そしてトドメを刺すべく、クチバシで獲物の首に必殺の一撃。
簡単に仕留めてしまいました。

今まで何も教えていないし、
他の鳥に反応もしなかったのに……。

それはまさしく本能を目の当たりにした瞬間でした。
眠っていた力を引き出した……とでもいうべきでしょうか?
すっかり興奮してスイッチが入ってしまったライカ。
これからは生餌を使った実戦トレーニングが中心となるでしょう。

これを機にどのように変わっていくのか、
そして成長していくのか。
トレーニングがより一層楽しみとなりました。
[PR]
by stooper | 2010-01-21 22:54 | トレーニング

ルアーリングの極意

【猛禽屋・ビッグ藤田さんによるルアーリングデモ】
ルアーにアタックしてくるハヤブサのスピードや進行方向に合わせて、
適切なタイミングでルアーを振り、
そしてそれをかわす(パスする)。

ハヤブサの動きをしっかりと把握し、
ルアーをスイングするスピードや、
ラインの長さを微調整しながらその動きに合わせる。
パスするのは速すぎても遅すぎてもダメ。

捕れそうで捕れない……という見えそうで見えない「チラリズム」的に
ルアーを操ることがハヤブサにとって魅力的。

d0083692_638449.jpg
d0083692_6382178.jpg
d0083692_638341.jpg
d0083692_6385594.jpg



【ライカのフリーフライト】
d0083692_6371273.jpg

ライカはフィストからスリップさせた後、
しばらく旋回させて様子を見て、
頃合を見計らってからルアーリングを開始。

ヘタクソなルアーリングと筋力の乏しいライカでは、
まだまだ数回のルアーリングがやっと。

今はなんとか週2回は猛禽屋で飛ばしていますが、
藤田さんが言うようにせめてもうちょっと地元で飛ばして筋力アップに励みたいところ。
「これだけしっかりルアーに付いていたらロストしないよ!」とのこと。
ちょっと真剣に近場のフィールドを探してみようと思います。

d0083692_6372821.jpg
d0083692_6374237.jpg

[PR]
by stooper | 2010-01-19 06:41 | トレーニング

急降下を撮る

d0083692_21133021.jpg

先週の木曜日は午後から仕事なので、
猛禽屋の藤田さんに朝一番のトレーニングに付き合ってもらいました。
7時に猛禽屋に集合し、
藤田さん、フランスからのファルコンリー留学生ビンセント、
そして出社前にペレグリン『サイカチ』でハンティングをする南野さんと一緒にフィールドへ。
d0083692_21142785.jpg

さてさて、サイカチの調子はどうでしょう?
d0083692_21145847.jpg

残念ながら獲物はでなかったので、
ボブホワイトを投げて獲らせることに。

藤田さんたちのハンティングやフライトにご一緒しては、
「何とかして急降下シーンを撮れないものか…」と一眼レフカメラをぶら下げて
フィールドを歩き回ります。
迫力のあるハヤブサのストゥープを目の当たりにし、
ついついファインダーから目を外してしまい、
思わず肉眼で見とれてしまうことも数限りなく。

それでも最近はようやく我慢して
ファインダー越しにハヤブサを見続けることができています。
ただ、ここで藤田さんからアドバイス。

「ハヤブサを追いかけたって速くて追いつかないんだから、出る獲物を追うようにするんだよ!」

なるほど!
たしかに飛び立つ獲物もそれなりのスピードがありますが、
急降下してくるハヤブサに比べれば速度も遅く、
また軌道も(ハヤブサよりは)読みやすいってものです。

頭上に戻ってくるサイカチに合わせてボブホワイトを準備し、
タイミングよくそれを上空に投げる南野さん……。

d0083692_21151670.jpg


カシャッ、カシャッ、カシャッ……


いい感じに「ボブホワイト」は撮れましたが、
肝心のシーンは撮れませんでした……。
[PR]
by stooper | 2010-01-17 21:33 | トレーニング

手取り足取り

d0083692_6163231.jpg

近所になかなか良いトレーニングフィールドが無く、
日々できることといえば室内でのジャンプアップか、
短い距離でのルアーキャッチのライカ。
更なるステップアップとアドバイスを求めて、
急性の『原因不明のすぐに治るカゼ』になった嫁と一緒に、
猛禽屋まで行って来ました。

出勤前にペレグリンのオス『サイカチ』を飛ばしている南野さんに同行すべく、
猛禽屋に到着したのは猛禽たちも凍る朝の6時半過ぎ。

d0083692_622664.jpg
d0083692_6222148.jpg
d0083692_6223564.jpg

d0083692_617153.jpg

久しぶりに見る藤田さんの愛隼『ジーン』。
今シーズン2回目というフライトですが、
藤田さんとの呼吸はバッチリ。
二人の関係に言葉はいりません。

いい感じに犬たちが出してくれたキジにジーンは電光石火のストゥープ。
ジャストミートして上空に舞うキジの羽。
残念ながらキジを仕留め損ないましたが、
とても良いものを見せてもらいました。
d0083692_6171830.jpg

続いて僕とライカの番。
長距離のクリアンス・フライトも考えていましたが、
せっかく広いフィールドに来ているし、
藤田さんが見守ってくれていることもあり、
せっかくだからフリーにすることに。

d0083692_6173420.jpg

嫁にライカを持ってもらってスタンバイしたのはいいけど、
さて、これからどうするんだっけ?

「藤田さ~ん……最初に何やったらいいですか?」
自分でも笑っちゃうくらい、
緊張して頭が空っぽ。
いやいや、良いのです。
本当に1から教わるつもりですから。
d0083692_6174863.jpg

「欲張りすぎ~!」
と藤田さんからアドバイスを受けましたが、
初フリーは無事に終わりました。
何の面白味の無い構図の写真↑が、
トレーニングの緊張を物語っています。



【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2009-12-29 06:23 | トレーニング

今シーズンは……

すっかりご無沙汰しています。
3ヶ月半振りの更新となりますが、
見捨てずに覗いてくれていたみなさま、ゴメンナサイ。
そしてありがとうございます。

『新婚旅行記』の途中ですが、
それは一旦置いといて……、
今シーズンのハヤブサのトレーニングの模様をお知らせします。

d0083692_22204663.jpg

今年は念願のペレグリンを手に入れましたが、
ここ数年、まともに仕上げることができたハヤブサは残念ながらいません。
そこで今シーズンは初心に戻り、
猛禽屋の藤田さんに1からトレーニングを教わることにしました。

換羽も終わりかけた頃、
ペレグリンのライカを猛禽屋に連れて行き、
まずは藤田さんにトランスミッターを付けるためのバックパックを装着してもらいました。
d0083692_22295185.jpg

手慣れた手つきでテキパキと作業をする藤田さん。
あっという間に装着完了。
d0083692_22345295.jpg

ブルブルと羽を震わせて、
ハーネスが体に馴染んだら出来上がり。



【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2009-12-28 22:38 | トレーニング

Congratulation!!

d0083692_20265451.jpg

猛禽屋のビッグ藤田さんから電話をもらい、
愛隼のジーンが連日キジをキャッチした知らせをうける。

僕自身、ジーンは初期トレーニングの頃から見ていて、
これまで「なぜ獲れないのか不思議なくらい」だったけど、
実際にキジを獲ったという話を聞くと、
なんだかとても感慨深いものがあります。

藤田さん、おめでとうございます!
やりましたね!
d0083692_2027196.jpg

犬とハヤブサのコンビネーションでのハンティングは、
その光景を洋書で目にしたときからの僕の憧れであり、目標。

それを実践している人が身近にいるというのは、
僕自身、とても嬉しく、励みにもなります。
d0083692_20273650.jpg




【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2009-01-25 21:21 | トレーニング