鷹狩り道具の製作やハヤブサのトレーニングなどをしている『ストゥーパー』の石川のブログ。ハヤブサのトレーニングの様子や作った鷹狩り道具、フライフィッシングのレポートなどを紹介。


by stooper

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おすすめリンク集

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

カテゴリ

全体
トレーニング
ハヤブサについて
鷹狩り
in the field
鷹狩り道具
スカイトライアル
野生猛禽保護・リハビリ
フライフィッシング
レザークラフト
イベント
patagonia
新婚旅行記
キックボクシング
入荷情報
未分類

フォロー中のブログ

M GALLERY
岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
Pell's Mews
猛禽初心者のひとりごと
slow fishing
遊牧民的人生 - a l...
terry's Rive...
鮎、山女魚、キジさんに会...
JHS Diary
shakerの軽井沢 F...
MAVERICK Blog
THOMAS&THOMA...
Matt Suzukiの独り言
Drag-Free Dr...
STREAMSIDE
Magnum Yoda ...
中村佑介の黄色い日記
無言歌      ...
蒼い海 蒼い空 そして月夜に
yoshie,8min....
Mahout の見習い  
AMBITIOUS
Down & Across
高太郎の箸休め
TAKA-Qizm
『横浜ベイ・フライフィッ...
E and E Outd...
新米ファルコナー(鷹匠)...
Spey Bum
釣りたいクン日記
GRAYGHOST釣行記
Camel Blog
鈴木寿のブログ フライ...
JRF(Japan RA...
みなと店発!ペポニまねー...
From Riverside
~BQイッチー フィール...
gooseな日々

最新のコメント

kaiさん。ブログすっか..
by stooper at 08:33
ルアーパスコンテストの優..
by kai at 23:32
先日はお騒がせいたしまし..
by takapee4011 at 14:48
こんばんは。 kから始..
by T at 00:02
イッチーさん 遅く..
by stooper at 12:59
2012年 おめでとうご..
by bqichi at 17:36
>河合さん ゆっく..
by stooper at 06:06
>イッチーさん 抜..
by stooper at 06:04
部屋に行ってみたい(笑)..
by bqichi at 06:01
その後のトレーニングはい..
by 河合 at 12:04

最新のトラックバック

流行は巡る
from Magnum Yoda Ph..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
釣り

画像一覧

<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

虎舞竜 常磐ロード-第1章-


d0083692_2047068.jpg

d0083692_2047197.jpg

昼からの仕事のために茨城県牛久市の猛禽屋さんを出発したのが10時半過ぎ。
どうしても13時までには帰る必要があり、
常磐道をいつもより気持ちアクセルを踏み込みながら埼玉を目指しました。

「渋滞もなく、わりと順調だからこのままなら時間に間に合うな……」
と気持ちにゆとりを持ち始めた頃、
我が愛車ランエボ2のエンジンから異音が。
そしてエンジンは停止……。

とっさにハザードを点灯し、
後方の車両に気をつけながら惰性で車を路肩の白線内に寄せました。
そのまま車中にいては後続車から追突される危険性もあるので、
注意を払ってガードロープの外へと避難。

「え~と、どうしよう……」
と、車の修理代のこと……、
車なしでどうやって仕事をしようか……、
車なしでどうやってハヤブサのトレーニングをしにフィールドに行こうか……、
そしてどうやって埼玉まで帰ろうか……、
色んなことが頭の中を駆け巡りましたが、

「何はともあれ、この状況を何とかせねば」と、
JAFにロードサービスを依頼しました。
年末だから来てもらうのに時間がかかるであろうことは覚悟していましたが、
なんと30分という早さで現場に駆け付けてくれました。

後方警戒車が安全を確保してくれている中、
来てくれたA隊員はテキパキと作業をし、
あっという間にローダーに車を積み込んでくれました。
そしてひとまず、次の谷和原インターで高速を下りることに。

「どこか運びたいところはありますか?」とA隊員に聞かれましたが、
茨城は地元じゃないし、ましてやディーラーは年末の休みに入っています。
さて、どうしよう……と困っていたら、

「それならいいところありますよ」と助け船を出してくれました。
つくば市内にある修理工場さんで、もしかしたら代車も借りれるかもとのこと。


ホント不幸中の幸いとでもいうべきでしょうか、
運良く代車をお借りすることができて、
こうして無事に家に辿り着き、このブログを書いています。


あ、ちなみに修理工場さんでの診断の結果はタイミングベルト切れ。
高速道路上でA隊員のいった通りでした。
しかも、直すとなると最低でも「諭吉さん」を20人以上集めなくてはならないそうです。
もちろん命には代えられないし、こうして無事なのだからよしとするしかないのですが、
にしても頭が痛くなります。


まあでも、僕はJAFに入会していたおかげで、
ほとんどお金がかからずにこの状況を乗り切ることができました。
これがもし、会員に入っていなかったら、
高速道路上だから軽く3~4万円は飛んでいったことでしょう。

入会金と年会費合わせて初年度は6000円です。
たったの6000円で安心が買えます。
入っていない方にはぜひ入会をオススメします。


なんだかジャフメイトの最初の方のページに載ってそうな文章になってしまいましたが、
本当に助かりました。
A隊員をはじめ、
JAFの受付けの方、
車を手配してくれた方、
そして修理工場の方、
お世話になった全ての方に、この場を借りて改めてお礼の言葉を。

本当にお世話になりました。
色々とありがとうございました。
[PR]
by stooper | 2006-12-30 20:47 | Comments(2)

Silent night~静なる夜に~

d0083692_17192527.jpg


今日はクリスマス・イブ。
みなさま、いかがお過ごしですか?

ちょうど週末ということもあり、
家族と、または恋人と、
聖なる夜を楽しんでいることと思います。

かくいう僕は、
某雑誌の締め切りと、
グローブの制作に追われています。

1年近くテレビは壊れたまんまの「静なる」我が家。
聞こえてくるのはジングルベルでもトナカイの足音でもなく、
カタカタとパソコンのキーボードを叩く音と、
足踏みミシンの音だけ……。


人それぞれ過ごし方は違うと思いますが、
残り僅かな2006年を無事に、楽しく過ごしましょう。

では、
メリークリスマス!


p.s.
おかげさまでバスターは順調に回復しています。
ようやく体重が700グラムを越えました。
800グラムまでいったら、
トレーニングを再開するつもりです。

&ペレ・セイカーのメス、
入荷しました。
2年目のきれいなハヤブサです。
トレーニングしてから販売しますので、
詳細は今しばらくお待ちください。
[PR]
by stooper | 2006-12-24 17:29 | Comments(0)

トビのリハビリ経過


d0083692_21531436.jpg


かなり反応もよくなり、
庭先で5mくらいの距離で渡りの訓練をはじめました。

これまではしばらく飛んでいなかった為か、
翼や羽根の使い方が下手で
短い距離でも飛んで来るのにおっかなビックリでした。


それが今では、5mくらいなら躊躇なくバンバン飛んで来て、
グローブにもしっかり止まってくれます。


羽根がボロボロの為に換羽が完了するまでリリースはできませんが、
リハビリを続けながら体力をつけ、
気たるべき日に備えたいと思います。
[PR]
by stooper | 2006-12-17 21:53 | 野生猛禽保護・リハビリ | Comments(0)

メイク・ミラクル、ふたたび

「ハヤブサみたいな鳥が保護されたので、確認に来てください」
と電話をもらい、
その日の予定をすべて変更して警察署へと車を走らせました。

実は、先日戻ってきたばかりのバスターが、
またカラスに追われて行方不明になっていたのです。
ロスト直後にテレメの反応が途絶え、
それから三日間探すも手がかりはまったくなし……。
「今回ばかりは……」というあきらめムードのなかの電話。
実際に保護されている鳥を見たらバスターとは違う鳥だった……
なんてオチはあまりにもつらすぎるので、
ぬか喜びをしないように気持ちを落ち着かせながらハンドルを握り、
ようやく警察署に到着しました。

「こっちにいるから確認してください」と警察官の方に連れられて行くと、
そこにはケージのなかにじっと座っているバスターがいました。
見た感じでは翼はしっかりしていて、
外傷も見られず、
羽根も折れていません。
保護して届けてくれた方、
すみやかに連絡をくださった警察官の方には本当に感謝しています。


ただ、ひどく衰弱していて元気がありませんでした。
体重を量ると640グラム。
フルウエイトが1キロくらいのバスターにとってはかなりまずいウエイトです。
あと一日遅れていたら手遅れという感じ。

ここで慌てて餌をたくさん与えてしまうと、
衰弱した鳥は消化する能力が下がっているのでアウト。
なので猛禽屋のビッグ藤田さんNFCの金子さん、にアドバイスをもらいながら
まずはダンボールに入れて保温し、
少しずつ餌を与えました。
1日複数回に分けて少しずつ、少しずつ……。


おかげさまでバスターはなんとか立て直し、
しっかりと餌を食べ、フンもしています。
まずはウエイトを上げ、
無理せず焦らずにトレーニングを再開したいと思います。


本当に多くの方々にご迷惑、ご心配をおかけしました。
どうもありがとうございました。


p.s.
バスターがロストした午前中、
NFCの金子さんのハンティングに同行。
とってもレアなブラックスパローホークの狩りが目の前で見れるとあって、
カメラ片手にお供しました。

「2時間の昼休みに獲物をとる!」というなかなか高いハードルを自らに課していましたが、
見事公約を果たしていました。
移動時間を入れたら1時間もなかったですが、
いやぁ、いいものを見せていただきました。

詳しくは金子さんのHP日記で。
d0083692_9331160.jpg
d0083692_9332476.jpg

[PR]
by stooper | 2006-12-16 09:33 | トレーニング | Comments(2)

“女子”三日会わざれば刮目して見よ

d0083692_1851858.jpg


男子三日会わざれば刮目して見よ
なんて言葉がありますが、
今日はペレ・プレーリーのバスターが三日間ロストして見つかってから、
初のフライトとなります。

果たしてその三日間、
バスターはどのようにフライトし、
生き延びていたのか。
その時にきっと身に付けたと思われる「生きる術」や「フライト・スキル」など、
ひじょうに興味があります。



……ブログの途中ですが、
残りはもう少し経ってからアップします。
迫力のある動画を見ながらお待ちください。
スミマセンm(_ _)m



d0083692_18511989.jpg
d0083692_18513046.jpg
d0083692_18514130.jpg
d0083692_18515491.jpg

[PR]
by stooper | 2006-12-11 19:01 | 鷹狩り | Comments(0)

久々の水辺

d0083692_2201589.jpg

今日は久しぶりのライターのお仕事。
某釣り雑誌の取材で神奈川県内の管理釣り場に行って来ました。

僕の「フライフィッシング修行時代」に山梨県の忍野村でお世話になった、
フライショップ『リバーズエッジ』の渡辺さんとも1年半ぶりの再会。
お元気そうでなによりです。

実は、どさくさに紛れて、
久々に僕自身も釣りをしちゃおうかな……と思っていましたが、
そんな時間はありませんでした。
フライもタックルも、
そしてウェーダーすら持って行っていませんでしたから、
どっちにしろ釣りすることはできなかったんですけどね。

いやぁ、でも、
川の流れを見たり、
ライズを発見したり、
水生昆虫を手に取るだけで、
心は踊りますね。
いい刺激を受けました。


以前はフライフィッシングのことしか頭になくって、
まさに僕の生活そのものでしたが、
今となってはそれに値するのがファルコンリーかもしれません。
[PR]
by stooper | 2006-12-11 02:32 | フライフィッシング | Comments(0)

なかなかうまくはいかない。

d0083692_2221988.jpg


我が愛隼のためにフードを新調しました。
ちなみに、今シーズン用のグローブはもう少しで完成です。

d0083692_2222944.jpg


フィールドを開拓しなきゃな……と思いつつ、いつものフィールドへ。
まずはバスターから。

すっかり「撮影開始」の合図を出し忘れて動画に撮れませんでしたが、
日増しにフライトスキルとスタミナが付いてるのがわかりました。
なかなかいいフライトはするものの、残念ながら獲物とは絡めず。不本意ながら、ルアーに落として終了。



続いてリッパー。
動画を見ていただければおわかりになると思いますが、
ファルコナーからは大きく離れないものの、イマイチ集中力が欠けている様子。

ここ数日でウエイトが上がりすぎてしまったこともありますが、
やはり獲物を掴ませてあげられないのが最大の要因です。


猛禽屋さんに養殖キジが大量に入ったそうなので、
近いうちにお邪魔してハヤブサたちに自信をつけさせようと思います。
[PR]
by stooper | 2006-12-04 22:03 | 鷹狩り | Comments(0)

強くなる想い

d0083692_18472431.jpg


昨日、茨城県にある猛禽屋さんに行ってきました。
ビッグ藤田さんに僕のハヤブサを見てもらいながら、
タイミングがあれば獲物に当てたいと思っていました。

ただ、天候や時間の関係でハヤブサはハンティングさせられず。
フリーフライトのみとなりましたが、
いつもと違った場所で飛ばすのはファルコナー、ハヤブサともにいい経験になります。

d0083692_19132890.jpg

ペレ・セイカーの「リッパー」はまずまずのフライト。
続いて藤田さんのジア・ペレ「ビーン」と僕のペレ・プレーリー「バスター」。
ともに高さも50m前後上がり、
コントロールもバッチリ。
ビーンはハトに、
バスターはルアーに落として終了。

重機もガンガン動いていたし、
ハヤブサのフライトには少し狭く感じられる場所でしたが、
ハヤブサたちはまったく気にせず。
むしろ、その狭さの影響か、
いい気流に乗ったみたいでいつもより上がっていました。


実は今日、藤田さんの猟犬たちが獲物を出してくれるはずだったのですが、
うちのハヤブサたちは犬とは初対面なので、
とりあえず様子見。
それから鷹を持たずにフィールドを歩くこととなるのですが、
犬たちの仕事っぷりには脱帽してしまいました。

d0083692_19135192.jpg


藤田さんのお供をするのは、
イングリッシュ・ポインターの「バディ」と、
ビズラ(ハンガリアン・ポインター)の「ビズ」。

バディは縦横無尽にフィールドを走り回っているかと思うと、
急にボサのなかに突進。
しばらくガサガサとボサのなかを動き、
やがて静かになりました。

「キジ、出るよ」と、藤田さん。
固唾を呑んで見守っていると、
激しい羽音とともにオスキジが飛び出しました。
「バディ、グッボーイ!!」
すかさず犬を褒めます。

d0083692_1933890.jpg

d0083692_19332136.jpg

d0083692_19304164.jpg


見渡す限りのボサで、
人間には獲物がどこにまず見つけることのできない状況。
そんななか猟犬たちはしっかりと獲物を発見し、
すぐに飛び立たないようにプレッシャーをかけるのです。

完成された猟犬がいれば、
ハヤブサをこの段階からスタートさせ、
確実に獲物に当てることができます。

「う~ん、やっぱり犬、欲しいなぁ……」
それから「ちぎっては投げる」ように、
次々とポイントし、キジを飛び立たせるバディの働きを見て、
そんな気持ちはさらに強くなりました。


ハヤブサでハンティングを成立させるには、
ポインティング・ドッグは必要不可欠と再認識。
まだまだやることはあるなぁ……。
[PR]
by stooper | 2006-12-01 19:39 | 鷹狩り | Comments(0)