鷹狩り道具の製作やハヤブサのトレーニングなどをしている『ストゥーパー』の石川のブログ。ハヤブサのトレーニングの様子や作った鷹狩り道具、フライフィッシングのレポートなどを紹介。


by stooper

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おすすめリンク集

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

カテゴリ

全体
トレーニング
ハヤブサについて
鷹狩り
in the field
鷹狩り道具
スカイトライアル
野生猛禽保護・リハビリ
フライフィッシング
レザークラフト
イベント
patagonia
新婚旅行記
キックボクシング
入荷情報
未分類

フォロー中のブログ

M GALLERY
岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
Pell's Mews
猛禽初心者のひとりごと
slow fishing
遊牧民的人生 - a l...
terry's Rive...
鮎、山女魚、キジさんに会...
JHS Diary
shakerの軽井沢 F...
MAVERICK Blog
THOMAS&THOMA...
Matt Suzukiの独り言
Drag-Free Dr...
STREAMSIDE
Magnum Yoda ...
中村佑介の黄色い日記
無言歌      ...
蒼い海 蒼い空 そして月夜に
yoshie,8min....
Mahout の見習い  
AMBITIOUS
Down & Across
高太郎の箸休め
TAKA-Qizm
『横浜ベイ・フライフィッ...
E and E Outd...
新米ファルコナー(鷹匠)...
Spey Bum
釣りたいクン日記
GRAYGHOST釣行記
Camel Blog
鈴木寿のブログ フライ...
JRF(Japan RA...
みなと店発!ペポニまねー...
From Riverside
~BQイッチー フィール...
gooseな日々

最新のトラックバック

流行は巡る
from Magnum Yoda Ph..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
釣り

画像一覧

<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

キック狂の詩

高校に入学すると、それまで7年間続けていた剣道はやめて、
格闘技をするって決めていた。
一番やりたかったのはキックボクシングだけど、
なぜか通学路にあった空手道場に入門。

若さを発散するべく、僕は組手をやりたかったのだが、
そこはほとんどが型稽古の伝統派空手道場だった。

その道場は師範の話はとても面白く、
楽しく通っていたのだが、
どうにも物足りなくなってしまい、
5ヶ月ほど通っただけでやめてしまった。

その頃、いつも購読していた格闘技雑誌で、
通学路からやや近いところにキックボクシングのジムがあることを知る。
中学生の頃にビビっていたあのジムと姉妹ジムのようだ。
短い期間だけど空手をやって(少しだけ)心身ともに強くなった僕は、
一日も早くそのジムに入会しようと思った。
あの頃のように気弱になることはなかった。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

一心不乱にサンドバッグを蹴ったり、
黙々と縄跳びをしたり、
鬼のような形相でスパーリングをしている男たち。

……そんな異空間を道路を隔てたガラス越しから、
通行人を装ってチラ見していた。
覚悟をきめてジムの入り口をノックすると、
立て付けの悪いドアがギィと開いて、
面倒くさそうな顔をした汗だくの男が顔を出した。
「はい?」
「あの、キックボクシングをやりたくって、見学したいんですけど……」
「あぁそう、とにかく入って」
「失礼します」

お世辞にも外から見て綺麗といえないジムは、
その中も熱気とは違ったジメジメ感が漂っていた。
壁の隙間から雑草もチラホラ生えていた。
古びた試合用より一回り小さいリングと、
ガムテープで補修を繰り返されたくたびれたサンドバッグが、
殺伐とした雰囲気をより一層かもし出している。

「はい、これ」
と先ほどの選手と思われる男から
無愛想に手渡された「入門届け」と書かれた紙。
それの雑な折れ曲がり具合から、
あまり入門者はいないのだろうか……と想像した。

「あの、会長さんは……」
「あ、会長? うちの会長はあんまりジムに来ないよ」

どのみちキックボクシングはやるつもりだから、
入会したい旨をその男に伝えた。

「あ、そう。それじゃあワン・ツー教えるから。こんな感じでやってみて」
と、大きな鏡ごしに僕の目を見ながら2、3回ワン・ツーの形を教えると、
僕をひとり残してその男は自分の練習へと戻っていった。
すでに購入していたトランクスに履き替え(派手な色や柄は目をつけられると思い、地味な黒一色を選択した小心者)、
鏡の前でいわれたとおりにワン・ツーを繰り返した。

3分経つとブザーが鳴り、1分間のインターバル。
そしてまた3分……。
そんな感じでジム内の時間は進んでいく。

誰もアドバイスをくれるわけでもなく、
これが正しいのかも分からない孤独なシャドー・ボクシング。


すると突然ガラの悪そうな男がジムに入ってきて、
いきなりサンドバッグを殴りはじめた。
そのフォームが滅茶苦茶なのは素人の僕にも分かった。
「今日、会長は?」その男がジムの選手に聞いた。
「さあ、いつ来るか分かりませんよ」
「そっか、顔合わすのも嫌だから、もうちょっとしたら帰るか」
と、汗もかかないうちにジムから出て行った。

聞くと、その男はもともとジムには腕試しのような形で入門してきたらしい。
数年前、ジムの近くにある工業高校で番を張っているというその男は、
自分よりも年下で体も小さい当時日本フライ級のチャンピオンに挑み、
スパーリングでボコボコにされたという。
それがきっかけでこのジムに入ったそうだ。

その話を皮切りに、色々と血なまぐさい話を聞いた。
別に喧嘩が強くなりたいわけでも、したいわけでもない僕は戸惑う。


なんだかヤバイところに足を踏み入れてしまったのか?
幼少の頃から憧れていたキックボクシングだけど、
その頃抱いたダーティなイメージがそのままそこにあった。


入門するっていっちゃったし、
さて、明日からどうしようか……。



【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2007-11-29 19:16 | キックボクシング

グルーヴィー・グローバー

d0083692_100924.jpg

おととい、彼女と二人してカゼっぴきの体にムチを打ち、
新宿ロフトに大好きなバンド、『Jackson vibe』を見に行ってきた。


前回参戦した時は渋谷でのワンマンだったけど、
今回は『東京パレード』主催のイベント。
だから演奏時間が1時間もなかったけど、
それでも手に届きそうな位置で奏でられる音楽は
僕らの弱りきってる体を十分癒してくれた。


なにより一番好きな「夜と風と」を聴けたのが嬉しかった。
グローバーの歌声がやさしく心を揺らし、
力強く背中を押してくれた。


ライブが終わる頃にはすっかりカゼも治って……んなわけはないけど、
仕事や生活のことで悩める僕を励まし、
前進するための大きな力になってくれたといえるだろう。
[PR]
by stooper | 2007-11-28 10:00

キックボクシング原体験

d0083692_15263810.jpg

パンチパーマでコワモテな方々がリングサイドに陣取り、
およそ声援とは思えないような言葉がリング上に浴びせられる。
鼻血を流しながら殴り、そして蹴り合う二人のキックボクサー。
「バシッ」という乾いた音を立てて炸裂したローキックは、お客の入りがまばらな会場内によく響き、そのあまりにリアルな音から痛さを想像して顔をしかめてしまった。


プロレス大好き少年だった僕が親父に連れられてキックボクシングを見に行ったのは、たしか小学校の低学年の頃だったと記憶している。


プロレスラーのような分かりやすい力強さは感じなかったけど、それとは違う凄みのようなものを子供心に感じていた。そして、その殺伐としてある意味独特の空間で繰り広げられているキックボクシングというものが、強さに憧れる少年の気持ちを大きく揺さぶっていた……。



中学生の頃は小学3年生から始めた剣道に熱中しながらも、マイナーな格闘技雑誌のさらにマイナーなキックボクシングの記事を読み漁っていた。

家の近所にキックボクシングのジムがあることのを発見したが、同じクラスのヤンキーがそのジムでボコられた話を聞き、尻込みした僕はその門を叩くことはできなかった。
ガラス張りのジムの前を自転車で何度も往復するのが精一杯だった。




【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2007-11-17 15:26 | キックボクシング

蹴りたいサンドバッグ

d0083692_1505974.jpg

d0083692_151034.jpg

d0083692_151016.jpg

d0083692_151066.jpg

僕がキックボクシングのジムに通い出して2ヶ月半経った。
別に三日坊主を恐れて黙っていたわけではなく、
タイミングが合えば日記に書こうとは思っていた。
「なぜキックボクシング?」と思われるかもしれないけど、
その理由はまた別の機会に。


最近でこそ少しずつ体が動くようになってきたけど、
それでもまだスタミナが無さすぎる。


実は今から10数年前、
僕が若かりし頃にキックボクシングを始めていた。
たった2回だけど試合もした。

僕の頭にはその当時の動ける頃のイメージしか残っていなかったから、
ジムに通い始めた当時は体力の低下とヘナチョコぶりに驚き、
そしてガッカリしたものだ。


フライ級、バンタム級だったウエイトが今は堂々のミドル級だ。
その差はなんと約20キロ!
いったい10年の間に何があったと言うんだ。
10年分の人生の重み以上に余分なモノが僕の体に付着しているのは間違いない。



鈍い音を立ててキックがサンドバッグにめり込んだり、
軽快な音を立ててコーチが持ってくれるミットを殴れると気持ちがいいもんだ、
すぐに息が上がっちゃうけど。
ヘッドギアやレガースを付けてたってまともに殴られたり蹴られたら痛いけど、
その緊張感はたまらないものがある。

何より、楽しいし、
雰囲気の良いジムだからおのずと足を運ぶ回数も多くなる。
いまだに階級が下がらないのは、なんとも恨めしいけどね。


ps
ジムは『ソウルガレージ』といって、
全日本キックボクシング連盟に加盟しています。
場所は桶川駅のすぐそば。
体験レッスンもあるので、興味のある方はぜひ!
サンドバッグを蹴っているのはジムのホープ、KOTARO選手です。



【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2007-11-16 01:50 | キックボクシング

空つながり

d0083692_1757071.jpg


「グライダーを飛ばすにあたって、鳥はフライトの先生ですよ」

ラジコンのグライダーを飛ばしている今野さんがそう言った。
飛ぶべくして飛んでいるように見える鳥たちも、
見方を変えるだけで勉強になることがたくさんあるというのだ。

今野さんに会ったのは1年前のフィールド。
僕がハヤブサのトレーニングを終えて後片付けをしているときに、
今野さんが話しかけてきてくれた。
そしてフライトに関する色んな質問をされた後、
冒頭の言葉が今野さんの口から出たんだ。

動力のないグライダーを飛ばすにあたって、
鳥の行動や構造は学ぶべきところが多いそうだ。

航空力学っていうの?
そういうことを頭に置きながらグライダーを飛ばしている今野さんに
それっぽい質問をされたけど、
うまいこと答えられなくって、
「勝手に飛んでくれてるけど、あらためてハヤブサってすごいんだな」って思った次第。
もちろん、それを伸ばすも縮めるも、
ファルコナーのテクニックであることには違いないけどね。


今朝、「ハヤブサのトレーニングが見たい」と久しぶりにメールをもらい、
さっそく今日のトレーニングを見学してもらうことに。

今野さんにシンやスケアクロウを据えてもらい、
そこからスタート。
絶好調のシンはファルコナーから離れることなく、
10回ほどルアーパス。

スケアクロウもスタミナが付いてきていい感じ。

まだまだ仕上がった状態ではないけど、
今野さんの目にはどう映ったのかな?

d0083692_17564281.jpg


グライダーの速度を測ったりするのにスピードガンを使うという話だから、
お願いして近いうちにハヤブサたちのスピードを調べてみたいと思う。
実際に計測した時にショボいのもなんだから、
それまでにもっともっとハヤブサたちを鍛えておくつもりだ。


【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2007-11-09 18:03

出勤前のトレーニング

d0083692_10371121.jpg

d0083692_10371131.jpg

d0083692_10371180.jpg

d0083692_10371157.jpg

どんなに馴れてきたって可能性はゼロじゃない。
何らかの理由でロストしてしまうことはありうるし、
そんな最悪の事態を想定して、
ハヤブサのトレーニングはゆとりをもっておこないたいものだ。


時間的に余裕はなかったから迷ったけれど、
昨日はトレーニングをできなかったから今朝はどうしても飛ばしておきたかった。


上り調子の鳥たちのコンディションをキープしつつ、
少しずつでもスキルを上げていきたいからだ。
それはもちろん僕の自信にも繋がっていくことだし、
モチベーションであることは言うまでもない。

まだちょっとフライトにムラのあるシンは留守番で、
スケアクロウだけをパーチごと車に載せて、
フィールドへと向かった……。



さて、本日はこれから、
スケアクロウと一緒にフライショップ『ハーミット』でお仕事だ。
満足のいくトレーニングができた日は、
気持ちよく仕事もできるってもんだ。


【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2007-11-07 10:37 | トレーニング

日々、重ねていくもの

d0083692_19364456.jpg

決して一朝一夕に成るものではなく、
日々の地道なトレーニングとコミュニケーションによって、
うちのハヤブサたちとの関係を構築していく。

焦ったり、欲張ったりした時に限って失敗してしまうことは、
これまでの経験から痛感している。

一歩一歩少しずつ、
ハヤブサたち、そして僕自身が昨日よりも成長していけるように、
慎重に、丁寧に、
空を飛ぶ術を一緒に学んでいくのだ。

d0083692_19355229.jpg
d0083692_1936125.jpg
d0083692_1936879.jpg
d0083692_19361438.jpg

ルアーに対する反応、
ファルコナーに注目しながらの旋回、
ともに良好。

体重を上げつつ、スタミナをつけていくのが当面の目標。

d0083692_19371455.jpg



d0083692_19372932.jpg

シンは今日もファルコナーを中心に旋回してくれた。
8本くらいルアーパスをしただろうか。

やや体重が高めなので、
若干落とし目でルアーに対する反応を見てみたい。
d0083692_19374626.jpg


フィールドに出れない日がもどかしく、
恨めしいくらい、
フライトスキルがアップしていくのを見ているのが楽しい。


【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
d0083692_19375920.jpg

[PR]
by stooper | 2007-11-05 19:42 | トレーニング

スケアクロウ、フリーへ

d0083692_2114037.jpg

昨日、スケアクロウをフリーにしました。
すごく素直な個体だったので、
特に苦労することもなくフリーまで辿りつけました。

フリーにできるかどうか、重要なのはルアーに対する反応と、
それが良い状態か否か見極める経験だと思っています。
実際にはフリーにしてからの方が教えるべきこと、
大変なことは多いもの。

まずはスケアクロウの体力アップをはかりながら、
焦らずに仕上げていこうと思ってます。
d0083692_2121636.jpg

d0083692_2122881.jpg


一方、ルアーリングを始めてフライトが安定しないチョウゲンボウのシン坊。
いや、安定しないというより、
ルアーをパスされることに対して戸惑っているような感じ。

いつもは一人でトレーニングしてるけど、
今日はシンのトレーナーのマコさんと一緒です。
ルアーリング特訓中のマコさんにシンを据えてもらい、
僕がルアーで呼んでとりあえず見本を見てもらうことに。

結果的に5周以上は旋回させることができたし、
先日ほどファルコナーから大きく離れることはなかったので一応成功。

課題をあげるとすればシンがルアーを本気で掴むようなアタックはほとんどないので、
僕自身のルアーリング技術を向上させる必要があります。

ただ、僕をかすめ飛ぶシンからは
「ルアーは捕まえられないものではないか?」と疑心暗鬼の表情が丸出し。
とはいえ僕から離れていくこともなかったので、
最終的にルアーをキャッチさせる時の合図だけ決め、
『その合図がいつでるのか』楽しみに飛んでもらうようにしました。

おさらいで僕からマコさんへ、
決められたホイッスルの音でルアーを直線でキャッチさせて終了。

とにかくファルコナーやルアーに対して信用を失わないよう、
明日からも今日決めた合図を徹底していくつもりです。
d0083692_21221569.jpg


【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2007-11-04 21:23 | トレーニング

フリー目前のスケアクロウ

d0083692_17434881.jpg

雨が降ったり仕事があったりで、
なかなかトレーニングの時間が作れないもどかしい毎日。

今日は時間がとれたのでシン坊とスケアクロウを連れて、
いつもの近所のフィールドへ。

まずはスケアクロウから。
呼びもしないのにすっ飛んでくる。
明日か明後日にはフリーにしてしまおう。
d0083692_17453014.jpg

d0083692_17465240.jpg

d0083692_1747321.jpg

足フェチの僕が毎回載せる「足画像」。
僕は大きくてガッシリした足が好きだ、
人間の女性ならムッチリが好みだ。
d0083692_17485564.jpg



d0083692_17493213.jpg

スケアクロウより先にフリーにしているシン坊は、
今日もルアーリングにチャレンジ。
とりあえず今日は3周にチャレンジして成功。
やや風もあったし、先日欲を出して失敗してるから、
今日はこれで止めておく……
d0083692_17515273.jpg

d0083692_17513124.jpg


……と思ったけど、
肉がまだまだ残っていたので、
30mくらいの距離を何本かグローブに呼ぶことにした。

明日も晴れたら、またフィールドに行くとしよう。


【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2007-11-02 17:55 | トレーニング