鷹狩り道具の製作やハヤブサのトレーニングなどをしている『ストゥーパー』の石川のブログ。ハヤブサのトレーニングの様子や作った鷹狩り道具、フライフィッシングのレポートなどを紹介。


by stooper

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

おすすめリンク集

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

カテゴリ

全体
トレーニング
ハヤブサについて
鷹狩り
in the field
鷹狩り道具
スカイトライアル
野生猛禽保護・リハビリ
フライフィッシング
レザークラフト
イベント
patagonia
新婚旅行記
キックボクシング
入荷情報
未分類

フォロー中のブログ

M GALLERY
岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
Pell's Mews
猛禽初心者のひとりごと
slow fishing
遊牧民的人生 - a l...
terry's Rive...
鮎、山女魚、キジさんに会...
JHS Diary
shakerの軽井沢 F...
MAVERICK Blog
THOMAS&THOMA...
Matt Suzukiの独り言
Drag-Free Dr...
STREAMSIDE
Magnum Yoda ...
中村佑介の黄色い日記
無言歌      ...
蒼い海 蒼い空 そして月夜に
yoshie,8min....
Mahout の見習い  
AMBITIOUS
Down & Across
高太郎の箸休め
TAKA-Qizm
『横浜ベイ・フライフィッ...
E and E Outd...
新米ファルコナー(鷹匠)...
Spey Bum
釣りたいクン日記
GRAYGHOST釣行記
Camel Blog
鈴木寿のブログ フライ...
JRF(Japan RA...
みなと店発!ペポニまねー...
From Riverside
~BQイッチー フィール...
gooseな日々

最新のコメント

kaiさん。ブログすっか..
by stooper at 08:33
ルアーパスコンテストの優..
by kai at 23:32
先日はお騒がせいたしまし..
by takapee4011 at 14:48
こんばんは。 kから始..
by T at 00:02
イッチーさん 遅く..
by stooper at 12:59
2012年 おめでとうご..
by bqichi at 17:36
>河合さん ゆっく..
by stooper at 06:06
>イッチーさん 抜..
by stooper at 06:04
部屋に行ってみたい(笑)..
by bqichi at 06:01
その後のトレーニングはい..
by 河合 at 12:04

最新のトラックバック

流行は巡る
from Magnum Yoda Ph..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
釣り

画像一覧

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Big guy & Small girl

d0083692_57751.jpg

d0083692_571791.jpg



【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2008-03-29 05:08 | フライフィッシング | Comments(3)

それぞれのデビュー戦

d0083692_910276.jpg

先日、「スクール&ガイド」で忍野に行ってきました。
お客さまの松田さんは今日が始めての自然渓流。
僕ははじめてのスクール。
ともに緊張のデビュー戦となりました。
d0083692_9104392.jpg

川に到着すると、
コカゲロウのハッチが多く見られ、
またそれを捕食していると思われるライズもたくさん見られました。

CDCバイオットダンを結んでもらい、
しきりにライズを繰り返す魚に流し込むと、
あまり苦戦することなくフライに出ました。

記念すべき自然渓流最初の魚はニジマス。
ランディングして写真撮影しようとしていたら逃げられてしまいました。
その後もすぐに40センチくらいのグッドコンディションのニジマスをヒットさせましたが、
足元に寄せてきたところで痛恨のバラし。
ハッチがひと段落してしまったところで魚たちの活性も下がり、
しばらく釣れない時間が続きました。

気分転換するために、
リバーズエッジで少し遅い昼食をとることに。
d0083692_9105950.jpg

15時くらいから再び川に戻ると、
有力なポイントにはほとんどフライマンが立っていました。
どうしてもキャッチした魚と一緒に写真を撮ってあげたいのですが、
釣りをしようにも空いているところが見つかりません。

ダメ元で上流部の釣り堀の脇に移動してみると、
入れるところがあったので、そこでラストチャンスを狙うことにしました。
いくつかグッドサイズのイワナが確認でき、
それをニンフで狙ってみましたが、
フライを見るだけですっ飛んで逃げていきました。
相当いじめられてる証拠です。

ただ、水面を流れるものには関心を示しているようなので、
#14のCDCダンを結んでもらいました。
対岸のバンク際についているイワナにそれを流し込むと……

d0083692_9111323.jpg

見事大きなイワナをキャッチしました!
それもドライフライで。
17時に釣りを終了するつもりでしたが、
まさにタイムアップぎりぎりのドラマでした。

松田さん、おめでとうござます!
そしてお疲れさまでした。

d0083692_9112626.jpg


【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2008-03-26 09:12 | フライフィッシング | Comments(3)

河津川リベンジ、ロケハン&忍野逃避行

d0083692_932851.jpg

今月末に外国のお客さまをガイドすることになり、
「伊豆でヤマメ(アマゴ)を釣りたい!」というリクエストに応えるべく、
河津川にロケハンに行ってきました。
解禁から尺アマゴ連発の河津川は僕も個人的に気になっていて、
ハーミットの常連さんの須釜さんと一緒に行くことに。
d0083692_9322167.jpg

須釜さんは解禁早々、稲見さんと一緒に河津川を釣るも、
よい釣果は得られず。ぜひ今日こそは!
僕は外国のゲストに何としてもすばらしい魚を釣っていただきたく、
ポイントを下見。
夜中の2時起きでフライを巻いて、
朝の5時前に須釜さんをピックアップし、
河津川には8時ころに到着しました。

一番乗りでポイントに入ることができ、
もう半分大アマゴを釣った気分でいました。
d0083692_9332149.jpg

前日の雨の影響か、水位の上昇と若干の濁りが見られました。
「プールの底にたくさん沈んでいる」と聞いていたアマゴたちの姿は見られず。
「下流のながされたのかな?」とポイントを見て回るも、
魚影を確認することはできませんでした。

有望なポイントでとりあえずやってみようと、
それぞれマーカーを付けてルースニングのシステムを準備しました。
すると僕の目の前で「ガボンッ」という激しいライズ。
忘れた頃に起こる超散発なライズを須釜さんに譲り、
僕はそこから上流に向かって釣り上がることにしました。
d0083692_9324557.jpg

増水と濁り、そして時折吹く突風で水面は見づらく、
#14のパラシュートパターンを結びました。
しばらく釣り上がるもライズや反応はなし。
あきらめて下流に戻ると、
須釜さんの方もイマイチな状況。
車に戻りいくつかポイントを見て回りましたが、
どこもライズは見られませんでした。

ガイドのために支流も見ておきたかったのですが、
「魚を釣りたい」という二人の意見が合致し、
昼食もとらずにイブニング狙いで山梨県の忍野に向かいました。
d0083692_9333768.jpg

リバーズエッジで遅い昼食をとり、
「富士急ホテル前」から上流に向かって魚を探していきました。
途中、魚公園の裏でチビだけどとてもきれいなブラウントラウトをゲット。
そのまま「S字」に移動し、
そこでダラダラと続くライズにイブニングまで翻弄されてました。
d0083692_9334887.jpg

日が暮れてくると急に気温が下がり、
ジャケットに下にもう一枚着込んでこなかったことを少し後悔。
春といってもここは富士の麓なんだ……ということを思い知らされます。
だけど、「ガボッ」というヒゲナガに対するライズ特有の水面の破裂音を耳にすると、
寒さも忘れて一気にヒートアップ。
#8サイズのヒゲナガ・パターンをライズが見られた地点に向かって流し込んでいきます。
フライをスイングさせたり引いたりして水面を波立てることは有効ですが、
この日はキャスト後メンディングなどのライン操作をせずに、
少しだけドラッグをかけながらフライを流しました。
で、「ガバッ」とフライに出ても慌ててロッドを立てず、
ひと呼吸置いてからロッドを立てた方がフッキングが良かったです。
d0083692_9335837.jpg

魚が出た数に対してバラしやスッポ抜けがほとんどでしたが、
それでもイブニングで4匹ほどキャッチ。
あまり大きな魚はいませんでしたが、
久しぶりにイブニング・ライズのドキドキ感を味わうことができました。



【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2008-03-25 09:35 | フライフィッシング | Comments(6)

ハーミット 鬼怒川研修

d0083692_8215854.jpg

月1のハーミットの定休日は社員研修として、
稲見さんと一緒に釣りに行かせてもらっています。
先月は千曲川、そして今月は鬼怒川に行ってきました。

鬼怒川はもう数年前、何回も通ったことがありますが、
あまりいい釣りをしたことがありませんでした。
今年からガイドサービスをスタートさせたこともあり、
稲見さんが実績のあるポイントをたくさん案内してくれました(ガイドがガイドしてもらいました)。



d0083692_8221276.jpg

最初に着いたポイントは田川。
朝の7時半くらいに到着してしまったのでさすがに早く、
ライズを探しながら有望ポイントを順に移動することに。

すると、ゆるい流れのアシ際で尺は確実にあると思われるヤマメのライズ発見。
ガボッガボッっと無防備に何かをむさぼり食うさまは、
いかにも「いただき」という感じ。
「ファルコン、やっていいよ」とのありがたいお言葉に、
『どんな風に写真を撮ろうかなぁ……』と妄想しながらセッティング。
赤いジャケットに袖を通していると、
「えっ、そんな色の着るの? アースカラーじゃないとダメだよ~」と稲見さん。
って言われても今日はこれしかないし、赤、好きだし……。

d0083692_8223255.jpg

上流の橋から回り込み、ライズに対してダウンクロスのポジションへ。
ガガンボの流下がたくさん見られます。
ライズはかなり安定してきたので、
そのままゆっくりと土手を下りて行くと……

さきほどのライズはピッタリと止んでしまいました。
時折水面下で何かを食っているようなライズがあるものの、
フライは無視の警戒態勢。
やがて上流で工事が始まったことにより濁りが入り、ジ・エンド……。


「だから言ったじゃん。水深浅いんだもん、そんな色を着てたら魚から丸見えだよ~」
言われてみれば、確かに……。

魚が人に対して馴れきっている忍野で釣りをすることが多いせいか、
魚に対するポジショニングやストーキング、服装など少し無頓着が過ぎたかもしれません。
基本中の基本を忘れていました、反省、反省。

d0083692_8225073.jpg

それから鬼怒川の本流へ移動。
ここでもポイントをたくさん教えてもらいましたが、
ライズがほとんどありません。
あったとしてもかなり小さなサイズです。
しばらく待ってみましたが、あきらめて次のポイントへ。
4月に入ったらまた来てみたいと思います。
d0083692_823569.jpg

荒川のC&R区間に移動するも、
有望ポイントにはすでに先行者が。
そこから少し下って二手に別れてライズを待ちました。

小さなサイズのライズは無視してひたすら待っていると、
ようやく流れのヨレから三角の鼻を出すライズが。
サイズも悪くなさそう。
待望の尺ヤマメか?
d0083692_8233937.jpg

CDCガガンボをティペットに結び、
アップクロスのポジションからティペットを曲げてフライ先行で流すと……。

数投目でようやくフライを吸い込んでくれました。
ヤマメかと思ったらちょっと痩せてるイワナでした。
そんなに大きな魚ではなかったし、予想と違っていましたが、
きれいな魚体に満足。
d0083692_8235760.jpg

それから稲見さんと上流に行くと、入りたかったポイントが空いていました。
二人して石に座りながらお座敷マッチ・ザ・ハッチ。

そこは解禁からたくさんの釣り人が入れかわり立ちかわりしているポイントで、
ヤマメたちのスレ具合はそれはもうハンパではありません。
何度かフライに出るもののフッキングせず。
三角鼻したグッドサイズも確認しましたが攻略できず。
次回リベンジに向けての課題となりました。

イブニングは稲見さんにお願いして、
朝の尺ヤマメをやりに田川へもどりました。
しかし、おだやかだった日中とうって変わって、
夕方からは少し風が吹き、肌寒く感じました。

結局、目当てのライズは起こらず、
そのまま待ちぼうけで終わってしまいました。

稲見さんが言うには、
もう少し暖かくなれば状況がもっと良くなるとのこと。
来月、地味目なジャケットを買って、
もう一度チャレンジしようと思います。


d0083692_824796.jpg

【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2008-03-19 08:27 | フライフィッシング | Comments(0)

祝2008 忍野解禁!

d0083692_9371670.jpg

あちこちの河川が解禁となりましたが、
3月15日の忍野の解禁日は僕にとって特別なもの。
個人的に大好きな川ってこともあるけれど、
今年から始めた「フィッシング・ガイド&スクール」では何度もお世話になるであろうフィールド。
偵察も兼ねて行かないわけにはいきません。

フライロッダーズの佐藤編集長を誘い、
またマーヴェリックのササヤンと現地で待ち合わせをして一緒に解禁日を楽しむことにしました。

d0083692_9374029.jpg

佐藤編集長を秋葉原の駅でピックアップし、
中央道を山梨県の忍野に向かってひた走ります。

大月から分岐し、河口湖方面へ。
ここから景色が開け、
真正面に富士山を見据えるような形のドライビング。
いまだ真っ白に雪化粧をした富士山はとても綺麗。
さっそく写真を撮ろうとデジカメのスイッチを入れると、
なんと「メモリーカードがありません」の表示。
画像をカードリーダーからパソコンに取り込んだ際、
そのまま抜き忘れてしまったのです。

せっかくガイドのホームページ用にネタを撮りに来たのに……。
一気にテンションが下がりました。
コンビニを探しても僕のデジカメに適合するメモリーカードの在庫はなく、
電気屋さんを何件か回るもさすがに朝の8時ではまだ営業していません。

最後にダメ元で僕が以前バイトしてたことのあるカインズホーム富士吉田店さんをあたってみると、
営業時間外にもかかわらず快く対応してくれました。
担当していただいた社員の方、本当にありがとうございました。
ここでメモリーカードをゲットし、忍野へと急ぎます。

d0083692_9375338.jpg

待ち合わせのリバーズエッジに行くと、
ササヤンはもうすでに到着していました。
ダラダラと長居をしてしまいそうだったので、
年券とドライシェイクスプレーだけを買って村営の駐車場へと移動。

すると、駐車場はほとんど満車状態。
しかもほとんどが釣り人のものだと思われ、
「解禁日はお祭りだから」と自分を落ち着かせていたけれど、
ロッド片手に川に向かう人たちを見ているとついつい焦ってしまいます。

「茂平橋」から下流に向かい、魚やライズを探すことにしました。
d0083692_9381425.jpg

川に降りると、そこはもう人だらけ。
等間隔に並んでフライやルアーをキャストしています。
土曜日の解禁日だし、人気フィールドの忍野のことだから予想はしていたし、
見慣れたある意味「忍野らしい」風景だけど、
釣りをするところがほとんどありません。
ライズを探す……というよりも、人が入っていないところを探すって感じ。

久しぶりにあう顔見知りと挨拶しながら、
結局、「自衛隊橋」の下流に3人で入りました。
そこで交互にライズや沈んでいる魚を狙うことに。
仲間と並んでああだこうこうだと話しながらロッドを振るのも忍野ならではの楽しみだと思ってます。
釣れたら一緒に喜んだり(内心、悔しがったり)、
バラしたら一緒に悔しがったり(内心、喜んだり)、
釣りをしていなくても楽しみを共有できるのは忍野の良いところではないでしょうか。

さっきから鬼気迫る勢いでワンキャスト・ワンフィッシュで釣りまくるルアーマンを尻目に、
のんびりゆる〜く魚を狙う僕ら。
佐藤編集長はまだ初心者で今日が渓流デビューにもかかわらず、
ちょっとアドバイスしただけでしっかり忍野の釣り方を理解していました。
上から目線で何ですが、なかなかスジは良いと思います。

それぞれ釣ったところで昼食に。

d0083692_9383242.jpg

昼食後は「金田一」から入り、そのまま下流に向かって魚を探しました。
ここから「ホテル前」は人気ポイントということもあり、
入る隙間がまったくありませんでした。
そのまま最下流のプールまで行き、
そこで魚を探すことに。

僕とササヤンが二人がかりでいやらしいヤマメのライズを狙っていると、
「ピシッ!」という音が。
佐藤編集長がグッドサイズのレインボーをヒットさせていました。
ランディングしてみると、
それはヒレピンでコンディションが良く、
銀ピカの年越しと思われる魚でした。

大きな魚も嬉しいけれど、
惚れ惚れするようなプロポーションの魚が釣れるので、
忍野通いはやめられないのです。

d0083692_9384384.jpg

最後は上流部の「釣り堀」から「テニスコート裏」にかけて釣りをし、
そこそこ釣ったりバラしたりしたところで終了。
本当はイブニングのヒゲナガのライズもやりたかったけど、
中央道の渋滞を恐れて17時には忍野を出発しました。

僕個人はたくさん釣ったわけでも大物をかけたわけでもないけど、
解禁日に川辺に立てたことで十分満足できました。
いや、攻略できなかったヤマメがいたから悔しいのは悔しいけど、
そんな「今後の課題」も含めて、忍野らしさを満喫しました。


一時期は移住して4シーズン、ほぼ毎日通った忍野。
しばらくフライフィッシングや川からも足が遠のいていたけど、
今年は年券を買ったので時間を見つけて遊びに行くつもりです。
綺麗なヤマメ、パワフルなレインボーとたくさん会えるといいな。

今度は20日に「スクール&ガイド」で忍野に行きます。


【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
d0083692_939018.jpg


d0083692_9391233.jpg


d0083692_9392522.jpg

[PR]
by stooper | 2008-03-16 09:39 | フライフィッシング | Comments(0)

心のふるさと

d0083692_2111884.jpg

またひとつ、「心のふるさと」が増えました。
埼玉県の吉見町です。
このたび、4年ほど過ごした吉見町を引っ越しました。

ハヤブサのトレーニングをしたくて、覚えたくて、
アトリエ・ファルコノイドの杉崎さんに部屋を紹介してもらい、
杉崎さんのお宅のすぐ近くに引っ越しました。

今でこそフライトイベントでハヤブサを飛ばすファルコナーが増えましたが、
その当時は関東ではほとんどいなくて、
杉崎さんの経験と杉崎さんが集めた情報を元に、
試行錯誤を繰り返しながら毎日トレーニングに励んでいました。
d0083692_21113024.jpg

大きなトレーニング用のバルーンを手に持ってフィールドまで移動したのは、
今では懐かしき思い出。
トレーニングフィールドに「バルーン小屋」を作ってもらってからは、
バルーン・トレーニングはぐっと楽になりました。
そしてトレーニングが終わればその日の内容について話し合い、
ハヤブサのトレーニング以外にも色々と勉強させてもらいました。
杉崎さんをはじめ、杉崎さんのご家族には本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
d0083692_21153446.jpg


全部の荷物を車に積み込んで、
吉見町を後にするときは少しセンチな気分になりましたが、
引越し先からはそう遠くはないので、
時間を作ってはまたハヤブサのトレーニングに来たいと思います。


【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2008-03-09 21:19 | Comments(0)