人気ブログランキング |


鷹狩り道具の製作やハヤブサのトレーニングなどをしている『ストゥーパー』の石川のブログ。ハヤブサのトレーニングの様子や作った鷹狩り道具、フライフィッシングのレポートなどを紹介。


by stooper

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

おすすめリンク集

以前の記事

2019年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

カテゴリ

全体
トレーニング
ハヤブサについて
鷹狩り
in the field
鷹狩り道具
スカイトライアル
野生猛禽保護・リハビリ
フライフィッシング
レザークラフト
イベント
patagonia
新婚旅行記
キックボクシング
入荷情報
未分類

フォロー中のブログ

M GALLERY
岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
Pell's Mews
猛禽初心者のひとりごと
slow fishing...
遊牧民的人生 (アラビア...
terry's Rive...
鮎、山女魚、キジさんに会...
JHS Diary
shakerの軽井沢 F...
MAVERICK Blog
Fly Fishing ...
Matt Suzukiの独り言
Drag-Free Dr...
STREAMSIDE
Magnum Yoda ...
中村佑介の黄色い日記
無言歌      ...
蒼い海 蒼い空 そして月夜に
yoshie,8min....
Mahout の見習い  
AMBITIOUS
Down & Across
高太郎の箸休め
TAKA-Qizm
『横浜ベイ・フライフィッ...
E and E Outd...
新米ファルコナー(鷹匠)...
Spey Bum
釣りたいクン日記
GRAYGHOST釣行記
Camel Blog
鈴木寿のブログ フライ...
JRF(Japan RA...
みなと店発!ペポニまねー...
From Riverside
~BQイッチー フィール...
gooseな日々

最新のトラックバック

流行は巡る
from Magnum Yoda Ph..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
釣り

画像一覧

【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング⑤】

【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング⑤】_d0083692_22301761.jpeg
どのくらい寝たのだろうか。
スマホを見ると夜中の2時。
日本との時差は5時間だから、
日本は朝の7時くらいか。
7時間ほど眠ったことになるが、
ベッド寝るのは快適で体力回復もハンパじゃない。
【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング⑤】_d0083692_22304135.jpeg

今日の予定は13時から搬入があり、
夜はジャパン石油さまが歓迎会をしていただけるとのこと。
ADIHEX会場となるADNECまでホテルから徒歩5分ほど。
搬入の時間ギリギリまで、
日本で途中まで作ってきたフードを仕上げることにした。

8時間ほど作業に没頭し、
気がつくと12時半…となかなか良い時間。
搬入のために会場へと向かった。
【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング⑤】_d0083692_22310531.jpeg

ADNECは日本でいうところの幕張メッセのような大きなイベントホール。会場内に入ると中はまだまだ雑然としていて、
たくさんの人が忙しなくブースの設営をしていた。

今年もお世話になるジャパン石油さまのADIHEX担当者Kさまとは会場で初めて顔を合わせ、その他の参加者の方々に挨拶をし、自分が担当するスペースを見に行った。
【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング⑤】_d0083692_22321449.jpeg

【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング⑤】_d0083692_22341398.jpeg


展示スペースが昨年よりも広くなることは事前のメールでうかがっていたが、
実際に見ると素晴らしすぎて言葉を失った。
今年からショーケースが2つになり、
グローブ作りの実演ができるように作業机も設置してくれていた。
こんなに最高なスペースを用意していただき、
「しっかり展示と実演をして、ブースを盛り上げるぞ」と、さらにモチベーションが上がった。

【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング⑤】_d0083692_22344193.jpeg

作品の搬入と展示は当日の朝に行うことにし、
歓迎会の時間まで再び作品作りを継続した。
いくつか作品を仕上げ、
歓迎会開始時間が近づいたので、
タクシーを拾って会場となるジャパン石油さまのゲストハウスに向かった。

電車の通っていないアブダビでの移動手段は車がメインとなり、僕らのような訪問者はタクシーがバスを利用することになる。
アブダビでは日本よりもたくさんタクシーが走っている印象で、値段は日本よりもずっと安い。
運転手は近隣国からの出稼ぎの人たち。

「どこから来たの?」
「日本だよ。あなたは?」
「フィリピンだよ。トヨタの車は最高だね!」
…みたいな会話は何度したことか。
楽しい会話は大歓迎だけど、
しっかり前を見て安全に走って欲しいといつも思う😅

ゲストハウスには僕が一番乗りのようだったが、
程なくしてジャパン石油さまのADIHEX担当者や他の出展者、
仕事を終えたジャパン石油さまのアブダビ勤務の方も集まっていただいた。

美味しい日本食に、
ビールやワインなどでおもてなしていただく。
久しぶりのお酒で酔いたい気持ちもあったが、
まだまだ準備は残っているので、
缶ビール2本で止めておいた。

皆さんと楽しくお話をしながら士気を高め、
明日から始まるハードな5日間に備えて早く寝ることにした。

# by stooper | 2019-09-17 22:29 | イベント

【Dubai Calling ドバイコーリング④】

【Dubai Calling ドバイコーリング④】_d0083692_11454794.jpeg

モハメドさんにはイブン・バトゥータというバス停まで送ってもらった。
ネットで調べるとアブダビ行きのバスはイブン・バトゥータの他にアル・グバイバがあるようだが、アブダビまでの時間を考えるとイブン・バトゥータの方が良いとのこと。

ここまで送ってもらったのは良いが、
実はバスの乗り方をよく分かっておらず、
一旦情報収集のためにお茶でもしようと目の前にあったショッピングモールに入った。
【Dubai Calling ドバイコーリング④】_d0083692_11461583.jpeg

灼熱の外の世界に反して、
アブダビやドバイでは室内はエアコン全開でキンキンに冷えきっている。
午前中のモハメドさんとの会話で得たものや感じたことが頭の中でいっぱいになり、
煮立ってきた脳ミソをクールダウンするにはちょうど良さそうだ。
お腹も減ってきたし、
ランチでもしながら帰りのバスのことを調べてみた。
【Dubai Calling ドバイコーリング④】_d0083692_11463166.jpeg

ドバイでバスに乗るには「ノルカード」という、
日本のSuicaやPASMOのようなものが必要らしい。そしてそれは、バス停ではなくイブン・バトゥータ駅で買えるようだ。
【Dubai Calling ドバイコーリング④】_d0083692_11470344.jpeg

【Dubai Calling ドバイコーリング④】_d0083692_11472048.jpeg

【Dubai Calling ドバイコーリング④】_d0083692_11474014.jpeg

そして調べるうちに、
このショッピングモールには「世界一美しいスターバックス」があるという。
重い荷物を転がしながらで、
疲れてて正直それほど興味はなかったのだが、
今後このような機会は無いかもしれないと思い、
せっかくなので見に行ってみるとにした。
【Dubai Calling ドバイコーリング④】_d0083692_11475971.jpeg

確かにとてもきれいなスターバックスで、
写真を撮る人がたくさんいた。
ただ、午前中にモハメドさんのところで素晴らしいハヤブサたちを見た僕にとっては、
そんなに響いてこなかった。
ゴメンね、スターバックスさん…。
【Dubai Calling ドバイコーリング④】_d0083692_11481686.jpeg

その後は駅に移動しノルカードを購入し、
アブダビ行きのバスに乗り込む。
ドバイからアブダビまで1.5〜2時間ほど。
タクシーだと250ディルハム、約¥7500。
それに対してバスだと25ディルハム、約¥750ととても安い。
【Dubai Calling ドバイコーリング④】_d0083692_11483417.jpeg

アブダビのバス停から滞在するホテル、
セントロまではタクシーで移動。
セントロに泊まるのは今回で3回目かな?
これでようやく荷物をおろせる。
【Dubai Calling ドバイコーリング④】_d0083692_11485511.jpeg

【Dubai Calling ドバイコーリング④】_d0083692_11491033.jpeg

近くのスーパーに飲み物を買いに行き、
部屋に戻ると今回の旅の荷物を解く。
久しぶりにベッド(布団)の上で横になれるありがたさを感じながらゴロゴロしてたら、
いつのまにか眠りに落ちていた。

# by stooper | 2019-09-14 11:45 | イベント

【Dubai Calling ドバイコーリング③】

【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07225209.jpeg

これからお邪魔するのはシロハヤブサのブリーダー、Al Kamda Falconsのモハメドさん。
彼とは昨年のADIHEXで知り合い、仲良くなった。
ADIHEXでは各ブリーダーが自慢のハヤブサを出し合い、その美しさを競い合うビューティコンテストがあるのだが、
モハメドさんのハヤブサが昨年のコンテストで優勝した。
【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07232696.jpeg

【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07234867.jpeg

【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07240193.jpeg

そんな彼が僕のところにやって来て、
「コンテストで優勝したんだけど、その表彰式に君のフードとグローブで着飾って参加したいんだ。もちろん君にも来て欲しい」
突然そんなことを言われ、とてもびっくりしたものだ。

僕の英語力が低いから聞ききとれていないこともあるけど、
何でストゥーパーを選ぼうと思ったのか?
丁寧に説明してくれた。

フードとグローブがひとつずつ売れたということも単純に嬉しいが、
海外ではそのように本質まで深く理解した上で買ってくれるような人なんて本当に少ないから、
「本物を知る人」に認めてもらい、
これまで異国の地で手探りで試行錯誤をしていたことが少しずつ身を結んでいることを実感した。

前置きがとても長くなったが、
そんなモハメドさんに会いにドバイに来た。
とても忙しい中、日程を合わせてくれて、
ドバイのバス停まで迎えに来てくれた。
真っ白なレクサスのSUV、すげー…。
SNSやメールなどでちょこちょこコミュニケーションは取っていたが、
会うのは実に1年ぶりだ。
【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07244020.jpeg

【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07245868.jpeg

そこから車を30分近く走らせただろうか、
「もうまもなくだよ。その先が僕の家だよ」
…と、車が門のようなところを通過する。

…ん?
え? ここ?
この広い公園みたいなのが家?

きっとお屋敷のようなところに住んでるんだろうな…と勝手に思っていたけど、
それを遥かに上回る広い公園のようなところにモハメドさんファミリーは住んでいた。
【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07252787.jpeg

【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07260309.jpeg

シロハヤブサの飼育スペースや、
何十頭も競走馬がいる厩舎、
その馬たちのトレーニング場、
チョウゲンボウを野生復帰させるためのハックタワーなど、
敷地内の全てを見せてくれた。
【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07264619.jpeg

【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07272867.jpeg



やはり個人的に一番の興味はシロハヤブサたち。
エアコン完備の施設の中に、
大切に、でもとてもフレンドリーに飼育されていた。
絶えずハヤブサたちに語りかけ、ハヤブサたちもモハメドさんに語りかけ、
コミュニケーションを取り合っているのが印象的だった。

そんな大切なハヤブサを、
僕も触らせてもらった。
無邪気にクチバシで甘噛みしながら、
異国からの訪問者を観察する綺麗なシロハヤブサたち。
【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07261936.jpeg

【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07280691.jpeg
【Dubai Calling ドバイコーリング③】_d0083692_07282839.jpeg
昨年からも感じていたことだが、
モハメドさんのファルコンリーに対する考え方がとても好きだ。
日本の武道などの「道(どう)」に通ずるような物の捉え方。そしてそれは自分の成長はもちろん、未来ある子供たちにも及んでいるものだと今回聞かされ、
ますますモハメドさんのことを好きになった。

そんなモハメドさん、Al Kamda Falconsと一緒に、何かやっていけたら良いな…という気持ちがますます強くなった1日だった。

楽しい時間はあっという間だ。
もうすぐアブダビに戻らなくては。
今度はもっとゆっくり遊びに来て、
ハヤブサのトレーニングを見せてもらうことを約束し、
アブダビ行きのバス乗り場まで送ってもらった。

# by stooper | 2019-09-13 07:21 | イベント

【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング②】

【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング②】_d0083692_14555026.jpeg

「やばい…カードが入ってる財布を落とした…」

乗客が続々と機内に入ってきて、出発の時間が迫っていることを実感する。
軽くパニックになりかけたが、
財布をどこで落としたのか?
いつまであったのを覚えているか?
冷静に思い返し、
乗客の波に逆らい一度飛行機を降りた。

確か搭乗直前に自販機でコーラを買ったのは覚えている。その自販機に戻ったが財布は落ちていなかった。
そこからすぐに列に並んで飛行機に乗ったが、そこで財布を落としてたら気付くはず。
…となると機内か?

確かにバッグを通路側の座席に引っ掛けながら進んでいったのは覚えてる。
万が一、機内に財布が無ければあきらめて、
ひとまずアブダビに行ってから仕切り直そう。
果たして…。

機内に入ると、
日本人の女性が何やらCAと話をしている。
手に持っているのは紛れもなく僕の財布。
シートの下に落ちていたんだそう。
無事に僕の元に戻ってきた財布。
その女性には深く感謝をした。

これまでの準備での寝不足と疲労、
財布を失ったショック、
財布が見つかった安堵で、
機内では機内食以外は爆睡。
あっという間の約12時間のフライトで、
アブダビ空港に無事到着した。
【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング②】_d0083692_14562586.jpeg

飛行機から一歩外に出て、
夜中だというのに熱気を帯びた空気に包まれると、
またアブダビに帰ってきたことを肌で感じる。

いつもならアブダビ空港に深夜到着して、
そのままホテルに直行してアーリーチェックインをしていた。
ただ、今回はADIHEX以外の大きな目的のひとつ、ドバイに住む友人Al Kamda Falconsを訪ねる予定だ。そのために日程も1日多く取っていた。
【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング②】_d0083692_14574590.jpeg

エティハド航空の利用者ならアブダビ〜ドバイ間のシャトルバスが無料となるそうで、
待ち合わせの時間9時半に合わせて夜が明けてからシャトルバスに乗ることにした。
それまで、空港内のベンチでグローブを縫いながら、朝が来るのを待っていた。
【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング②】_d0083692_14583061.jpeg

ドバイまではシャトルバスで約1時間半。
友人が待つドバイまで、しばしの仮眠タイム。
空港で朝を待つ間はずっと気が張っていたから、
すぐに眠りに落ちた。
# by stooper | 2019-09-11 14:55 | イベント

【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング①】

【Abu Dhabi Calling アブダビコーリング①】_d0083692_14493184.jpeg

久々のこちらのブログへの投稿です。
最近はFacebookやInstagramがメインとなっており、
こちらは1年以上のご無沙汰となってしまいました。
ここ数年の間、毎年参加させていただいているアブダビの展示会に行ってきました。
その様子を何回かに分けて紹介しますので、
どうぞご覧ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年もアラブ首長国連邦の首都、アブダビで行われる狩猟と乗馬の展示会ADIHEX(アディヘックスと読みます)にお誘いいただき参加してきました。
今回は4年連続4回目の展示となります。
ジャパン石油さまにはいつもお誘いいただき、
感謝しております。
ありがとうございます。

例年は9月下旬〜10月上旬くらいに開催されてたADIHEXだが、
今年は会場手配の都合で8月末となったそう。
真夏のアブダビは初めてだから、きっととてつもなく暑いんだろうな。
開催も1ヶ月早まってるということは、その分準備も早めないと…そんなことを思いながら、
今年のADIHEXの計画がスタートした。

「計画を立て始めること」は順調だったが、
その後が良くなかった。
計画を立てただけなのになぜか安心してしまい、出発ひと月前の時点で展示する完成品はまだまだ少ない状況。
結局例年通りバタバタの準備となった。
出発2週間前からは徹夜でグローブやフードを制作するため、ほとんど布団で寝ることはなくなり、
睡眠は工房の作業イスをリクライニングさせて…が定番となった。

「きっと俺はいつまでもこうなんだ」と自分のだらしなさをあえて肯定し、慌てるのをやめ、
限られた時間内でできることを確実にやることにした。

ある意味これは正解で、
昨年はどうしても焦りからピリピリして嫁や娘に当たってしまうこともあったが、
今回は開き直ることで心に余裕を持ち、
それなりに万全の状態で出発当日を迎えた。

今回の荷物は完成した展示品と作りかけの展示品、作業道具、着物、パソコン、着替え、フライロッドとリール、カップラーメン…などなど。
パタゴニアのブラックホールウィールドダッフル110Lをメインに、ブラックホールダッフル60L、ブラックホールミニMLC26Lに詰め込んだ。パスポートや財布などの貴重品はブラックホールウエストパックを斜めがけにしてその中に。

毎度成田空港で荷物を預ける時に重量オーバーが無いか気をつかうが、
いつも使っているエティハド航空のエコノミークラスは預け荷物の重量制限が30キロになり、
機内持ち込みが5キロと7キロにアップしていたので助かった。

かなり時間の余裕を持ってチェックイン。
慌てることなくコーヒーを飲みながら搭乗手続きを待つ。
このゆとり、今年は幸先の良いスタートを切れそうだ。

飛行機に乗り込み、
自分の座席を見つけて上の棚にブラックホールダッフルを収納する。足元にブラックホールミニMLC。

ようやく出発か…と座席に腰を下ろしてひと息。
これから始まることに期待をよせる。
あとは離陸を待つだけ。
何気なくブラックホールウエストパックを体の前に回した瞬間、胸がズキンとして一気に青ざめる。
ジッパーが完全オープンなウエストパック。
そこに入っているはずのものが入っていない。

「やばい…カードが入ってる財布を落とした…」

終わった…このままではアブダビに行けない。
ADIHEXにも行けないし、みなさんにも迷惑をかけてしまう…。人生の計画が大きく狂ってしまう…。

安堵も束の間、
一気に絶望の淵に立たされた。
高まる鼓動、涙目な俺。
さて、どうなる⁈

# by stooper | 2019-09-11 14:49 | イベント