鷹狩り道具の製作やハヤブサのトレーニングなどをしている『ストゥーパー』の石川のブログ。ハヤブサのトレーニングの様子や作った鷹狩り道具、フライフィッシングのレポートなどを紹介。


by stooper

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

おすすめリンク集

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

カテゴリ

全体
トレーニング
ハヤブサについて
鷹狩り
in the field
鷹狩り道具
スカイトライアル
野生猛禽保護・リハビリ
フライフィッシング
レザークラフト
イベント
patagonia
新婚旅行記
キックボクシング
入荷情報
未分類

フォロー中のブログ

M GALLERY
岡田裕師のブログ
大海原とフライロッド
Pell's Mews
猛禽初心者のひとりごと
slow fishing
遊牧民的人生 (アラビア...
terry's Rive...
鮎、山女魚、キジさんに会...
JHS Diary
shakerの軽井沢 F...
MAVERICK Blog
Fly Fishing ...
Matt Suzukiの独り言
Drag-Free Dr...
STREAMSIDE
Magnum Yoda ...
中村佑介の黄色い日記
無言歌      ...
蒼い海 蒼い空 そして月夜に
yoshie,8min....
Mahout の見習い  
AMBITIOUS
Down & Across
高太郎の箸休め
TAKA-Qizm
『横浜ベイ・フライフィッ...
E and E Outd...
新米ファルコナー(鷹匠)...
Spey Bum
釣りたいクン日記
GRAYGHOST釣行記
Camel Blog
鈴木寿のブログ フライ...
JRF(Japan RA...
みなと店発!ペポニまねー...
From Riverside
~BQイッチー フィール...
gooseな日々

最新のトラックバック

流行は巡る
from Magnum Yoda Ph..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
釣り

画像一覧

信州思い出巡り②

川上村は天気予報に反して雨は降っていなかった。
せっかくキャンプをするんだから晴天を願っていたけど、
曇り空から覗く控えめな日差しと、
高原の澄んだ空気がとても気持ちいい。

せっかく川上村に来たんだからと、
彼女に以前住んでいたアパートを見せてあげることにした。
そこは川上村に移住するにあたって、
苦労しながらやっと見つけた物件だ。
とても古く、お世辞にもきれいとはいえないが、
僕はここにフライフィッシングの修行をしにきたのだ。
贅沢なんて言っていられない。
d0083692_2224912.jpg

『激流に流される野生化したミンク』

しかしそこは、僕の想像を絶する過酷な環境だった。

畳はグズグズで、なんだか床がすり鉢状に傾いちゃってるし、
隙間風もバンバン入ってくる。
寒い夜は気温がマイナス20度を記録することもあり、
夜勤帰りに部屋の中でジュースが凍っているのを発見した時は、
軽くホームシックになったものだ。

毎日生活するのと釣りに行くので精一杯。
気が乗らず、
ダンボール詰めの荷物たちもほとんど手付かずの状態。
僕の寝床はコタツだった。

そんでもって極めつけは大家さん。
家賃はいつも手渡ししていたのだが、
何故かいつも「山田くん」といわれていた。
ちなみに僕の本名は石川だ。
いつだか、わざわざ封筒に「家賃 5月分  石川」と書いていったが、
それでも最後まで、本名で呼ばれることはなかった。
ただ、後期は「石井くん」に変わっていたから、
まあ、少しはマシか?
d0083692_22242688.jpg


そんなこともあり、
思い出の地ではあるものの、
楽しいことと同じくらい、
つらいことも多かった。

田舎で、人の敷地内ということもあり、
僕はアパートを見に行くことはできず、
彼女がひとりで見に行ってきた。
「古い建物だね~」とは言ってたけど、
古いだけじゃなく、すごいんだ。
住んでみないと分からないけどね。

d0083692_22244910.jpg


予約していた廻り目平のキャンプ場に着いたのは、
予定より遅れて15時頃だった。
千曲川の支流、金峰山川のほとりにそれはあった。
金峰山川は好きでよく来ていたけれど、
まさか僕がここにキャンプをしに来るとは思わなかった。

バンガローに荷物を移動し、
夕方少しだけフライフィッシングを楽しむことにした。
しかし、かなりの増水、
そして久々の釣りということもあり、
結果は……とても緊張感のある、楽しい川歩きだった。


それから、村一番のスーパー「ナナーズ」に買い物に行き、
食材やお酒を買い込んだ。

夜はとても長く、
料理をつつきながら、これからのことをアレコレ語らう。
本当なら満天の星空を見たかったけれど、
雲が多くてそれは叶わなかった。
一度ここで見た星空は、
文字通り降ってきそうなくらい、
そして手が届きそうなくらいいっぱい輝いていた。
何かがやって来て、それに連れ去られてしまうんじゃないか……なんて、
矢追純一を信じていない僕もそんな錯覚におちいりそうになったもんだ。

念願の星空は見られなかったし、
娯楽的なモノは一切ないけれど、
大切な人と一緒にこうしていられるだけで十分だった。
語りつくせないくらい、話したいことは山ほどあったけれど、
いつの間にか、気を失うように眠っていた……。


③に続く



【STOOPER】
http://www.stooper.jp/
[PR]
by stooper | 2007-08-02 22:30